「少国民」の版間の差分

編集の要約なし
'''少国民'''(しょうこくみん)は、[[日中戦争]]から[[第二次世界大戦]]までの日本において、[[銃後]]に位置する子どもたちを指した語である。これは、ドイツの[[ヒトラーユーゲント]]で用いられた「Jungvolk」の訳語である{{要出典}}。現在では[[死語]]である。
 
==概要==
[[大日本帝国憲法]]下の日本では、「[[国民皆兵]]」として兵役の義務に服さねばならぬことになっていた。その為、子どもたちへも戦時の基礎教育が広く行われた。特に、[[張作霖爆殺事件]]以後のいわゆる[[軍国主義]]の時代においては、小学生は「少国民」と呼ばれ、[[小学校]](第二次大戦中の[[国民学校]])でも基礎的な[[軍事訓練]]を受けるほか、前線[[兵士]]への憧憬を誘ったり、「国のために死ぬ」姿勢を賛美するなど、戦争や軍隊への親近感を抱かせるような[[教育]]が行われた。[[教科書]]や読み物には[[軍艦]]や[[戦闘機]]や[[戦車]](タンク)が登場していた。
 
[[1920年代]]生まれ(“[[戦中派]]”)や[[1930年代]]生まれ(“[[焼け跡世代]]”)の世代が、「少国民」と呼ばれたことになる。この語にこだわった著作をいまもつづける作家・[[山中恒]]([[1931年]]生)もその一人である。
匿名利用者