「SUGOCA」の版間の差分

手直しと追加
(手直しと追加)
{{現在進行}}
'''SUGOCA'''(スゴカ)は、[[九州旅客鉄道]](JR九州)が[[2009年]]([[平成]]21年)[[3月1日]]から導入した[[日本鉄道技術協会|サイバネ規格]]の[[ICカード]][[乗車券]]である。2009年5月末現在時点で、144,471枚発行されている<ref>[http://www13.jrkyushu.co.jp/newsreleaseweb.nsf/9dd28b8cb8f46cee49256a7d0030d2e6/470eeb0a7fc0d391492575cf0057ff5e?OpenDocument 駐車場業界初、タイムズでICカード「SUGOCA」の決済サービス開始] - - JR九州プレスリリース 2009年6月8日</ref>。
 
== 概要 ==
キャラクターは[[ロドニー・グリーンブラット]]のイラストによる「[[カエル]]くんと[[時計]]くんの組み合わせ」を採用している。ロゴは黒色で、「SUGOCA」のOの右側と続くCの色を白色に反転させ、「IC」カードであることを表している。ちなみに、ロドニー・グリーンブラットはかつてJR九州の特急回数券「[[2枚きっぷ・4枚きっぷ]]」のイメージキャラクターを務めていた[[PUFFY]]のCDジャケットのデザインも手がけていた。
 
いずれの種類のSUGOCAも、新規購入時には500円の[[デポジット]](預託金)が必要で、払い戻し時に返却される。鉄道乗車及び電子マネーでの[[乗車カード|ストアードフェア]](SF)及び電子マネーに利用できる残額の、チャージできる上限は20,000円である。
 
2010年には以降JR東日本他社局[[Suica]]などICカード乗車券との相互利用、JR系ICカードとしては初のクレジットカードとの紐付きがなく無関係に一律にSFでの鉄道乗車の際につく付与されるポイントシステムが導入されることになっている。
 
== 種類 ==
;SUGOCA乗車券
:乗車券機能と電子マネー機能のみで、定期券機能が付加されていないSUGOCA。一般用には無記名式のほか記名式がある。小児用(記名式のみ)もあり、使用期限(小学校卒業の[[年度]]の末日)が記される。いずれも新規購入時の発売額は2000円で、うち500円がデポジットで、残りの1500円がSFと電子マネーとして利用できる。
;SUGOCA定期券
:SUGOCA乗車券に[[定期乗車券|定期券]]の機能を付加したもの。通常の定期券機能を付加した狭義のSUGOCA定期券のほか、[[特別急行列車|特急列車]][[自由席]]が利用できる[[エクセルパス]]([[定期乗車券#特急料金定期券|在来線特急定期券]])の機能を付加したSUGOCA特急定期券(SUGOCAエクセルパス)もあり、他のJR各社では発行されていないICカードによる在来線特急定期券である。子供用は通常のSUGOCA定期券のみで、SUGOCA特急定期券の子供用は発行されていない。いずれもSUGOCA利用エリアのみでの利用である。新規購入では定期運賃相当額やエクセルパスの運賃・料金の合計の相当額にデポジットの500円を加えた額、SUGOCA乗車券からの変更では定期運賃相当額等のみが発売額となる。磁気定期券からの変更ではデポジットの500円が必要になる。
しかし後述のとおり、2010年春に、[[西日本鉄道]]の[[nimoca]]、[[福岡市交通局]]の[[はやかけん]]、[[東日本旅客鉄道]](JR東日本)の[[Suica]]との乗車券機能及び電子マネー機能での相互利用開始が決定している。
 
また、[[西日本旅客鉄道]](JR西日本)の[[ICOCA]]・[[東海旅客鉄道]](JR東海)の[[TOICA]]との相互利用も、[[2011年]]の[[九州新幹線 (鹿児島ルート)|九州新幹線鹿児島ルート]]全通を踏まえ、JR九州は意欲を示しているがおり、そのうち、JR西日本の[[ICOCA]]とは2011年春に、乗車券機能と電子マネー機能の双方で相互利用が開始される予定。JR東海はSUGOCAとTOICAの相互利用に関して、公式の発表を2009年秋時点は行っていないある
JR東海はSUGOCAとTOICAの相互利用に関して、公式の発表を2009年秋時点では行っていない。
 
== 沿革 ==
* 2009年4月6日 - 発売枚数10万枚を突破<ref name="JRK20090417" />。
* 2009年6月15日 - 九州地区の[[am/pm]]110店舗で、SUGOCA電子マネーの取扱い及びチャージサービスを開始<ref>[http://www13.jrkyushu.co.jp/newsreleaseweb.nsf/9dd28b8cb8f46cee49256a7d0030d2e6/07987851ceb294f9492575d20057f23e?OpenDocument ~九州のam/pm110店舗でSUGOCA電子マネーの利用とチャージサービス開始~ JR九州の駅以外でもSUGOCAのチャージが可能に!] - JR九州プレスリリース 2009年6月11日</ref>。
* 2009年11月25日 - [[西日本旅客鉄道|JR西日本]]の“[[ICOCA]]”と九州・山陽新幹線が繋がる2011年春を目処に相互利用を開始すること、JR系ICカードとしては初のクレジットカードと無関係のポイントシステムを導入することを発表。
 
=== 今後の予定 ===
 
== ポイントシステム ==
ポイントシステムについて開始当初かったが、3つのICカードとの相互利用開始に備え、[[2009年]][[11月25日]]に、[[2010年]]2月から、鉄道乗車と電子マネー利用の双方での導入を発表した。JR系ICカード乗車券としてはクレジットカード不要で鉄道乗車の際に一律にポイントがつくサービスとして初めての導入となる<ref>ICOCAではクレジットカード対応の[[SMART ICOCA]]でのみポイントがつき、[[Suicaショッピングサービス#Suicaポイントシステム|Suicaポイントシステム]]では鉄道乗車は除外され、[[Suicaショッピングサービス]]利用時のみとなる</ref>。
 
列車の利用に際しては、「'''SUGOCAでJR九州の利用可能路線に乗った'''」場合に、運賃100円につき1ポイントを付与する、単純な分かりやすいシステムとした。「nimoca」は利用回数によってポイント付加率が変化し、計算が複雑となるため、福岡市地下鉄の「[[はやかけん]]」(一律2%)方式を採用したものとみられる。
ショッピングポイントについては、付与率もポイントサービスを行なう店舗も2009年11月現在では未定だが、「nimoca」同様導入店舗ごとの個別対応となる(ポイントを付けない店もある)ため、各店舗ごとのアナウンスに注意する必要がある。
 
1ポイントを1円に換算して残額にチャージできるが、累計で100ポイント以上で100円単位でのみポイントを残額にチャージできる。
前提条件は前記の場合のみであるため、他社カードでJR九州線に乗った場合はポイントがつかない。また、SUGOCAで他社線に乗っても他社のポイントは付かない。
 
前提条件は前記の場合のみであるため、他社カードでJR九州線に乗った場合はポイントがつか加算されない。また、SUGOCAで他社線に乗っても他社のポイントは付かない加算の対象外である
ショッピングポイントについては、「nimoca」同様導入店舗ごとの個別対応となる(ポイントを付けない店もある)ため、各店舗ごとのアナウンスに注意する必要がある。
 
SUGOCA機能を内包するJQ CARDについては、SUGOCAのSF等にも交換できる「JQポイント」と言うシステムが導入される予定。
1,586

回編集