「三好氏」の版間の差分

編集の要約なし
{{Otheruses|戦国大名|同音の「'''三好'''(みよし)」のその他の用法|三好}}
 
{{日本の氏族
|家名=三好氏
|家紋=Japanese crest sanngai bisi ni itutukuginuki.png
|家紋名称=三階菱に五つ釘抜
|本姓=[[清和源氏]]<br/>([[河内源氏]]系[[甲斐源氏|義光]]
|家祖=[[三好義長]]
|種別=[[武家]]
|出身地=[[阿波国]][[三好郡]]
|根拠地=四国東部<br/>畿内
|人物=[[三好長慶]]
|支流=[[安宅氏]]([[武家]])<br/>[[十河氏]]([[武家]])
}}
'''三好氏'''(みよしし)は信濃源氏で鎌倉時代の阿波の守護小笠原氏の末裔。室町時代は阿波の守護代。[[戦国時代 (日本)|戦国時代]]に[[阿波国]]をはじめ[[畿内]]一円に勢力を有する[[戦国大名]]となった。
 
'''三好氏'''(みよしし)は信濃源氏で鎌倉時代の阿波の守護小笠原氏の末裔。室町時代は阿波の守護代。[[戦国時代 (日本)|戦国時代]]に[[阿波国]]をはじめ[[畿内]]一円に勢力を有する[[戦国大名]]となった。
 
__TOC__
<br clear="both" />
== 出自 ==
[[本姓]]は[[源氏]]。[[清和源氏]]([[河内源氏]])の名門[[小笠原氏]]([[信濃源氏]])の[[庶家|庶流]]とされ、[[阿波小笠原氏]]ともいう。[[阿波国]][[三好郡]]を本拠にしたことから三好氏を称した。ただ、現存する各系図に齟齬が大きいため仮冒とも見られる。
{{和暦|1549}}、長慶は父の復讐に立ち上がり、岳父遊佐長教の援軍を得たうえで、[[細川高国]]の遺児[[細川氏綱]]を擁立し、晴元の忠実な家臣で晴元の勢力を軍事面で支えていた三好政長を摂津国榎並に破った([[江口の戦い]])。晴元はその長慶の勢いを恐れ大津に逃亡し、晴元政権は崩壊した。その結果、長慶は戦国大名として名乗りを上げたのである。さらに長慶は将軍・[[足利義輝]]と戦ってこれを[[近江国|近江]]に追い、畿内(摂津、河内、大和、[[丹波国|丹波]]、[[山城国|山城]]、[[和泉国|和泉]])や四国(阿波、[[讃岐国|讃岐]]、[[淡路国|淡路]])合わせて9ヶ国と播磨、伊予、土佐の一部を支配する大大名にまで成長した。
 
そして[[上洛]]し、都にあって天下に号令したことから、戦国時代初の[[天下人]]といわれ、[[三好政権|独自政権]]を模索した。が、旧勢力の抵抗も大きく、長慶は将軍義輝と戦うことをやめ、義輝を擁立して、足利義輝-細川氏綱-三好長慶という体制に移行した。とはいえ、実権は長慶が握り、義輝も氏綱も傀儡に過ぎなかった。この頃が、三好氏の黄金時代であった。
 
'''三好長慶の主な支配した要衝'''
匿名利用者