「浪岡氏」の版間の差分

編集の要約なし
'''浪岡氏'''(なみおかし)又は'''浪岡北畠氏'''(なみおかきたばたけし)は[[陸奥国|陸奥]]の[[国司]]の一族。[[村上源氏]]の一族[[北畠家]]の流れを汲む名門であり、[[室町時代]]には'''浪岡御所'''と尊称された。
 
 
__TOC__
<br clear="both" />
==出自==
[[北畠氏]]の庶流に当たる[[大身]]で、[[南北朝時代 (日本)|南北朝時代]]に陸奥の[[国司]]として下向した[[北畠顕家]]の子孫が、陸奥の[[津軽地方]]を支配したことから始まるといわれているが、顕家の弟である[[北畠顕信]]の末裔ともいわれることがあり、顕家(又は顕信)以前に浪岡姓を名乗る一族が存在し、顕家(又は顕信)の子孫が入婿となったのが始まりとされることもある。顕家以前の浪岡氏は[[奥州藤原氏]]の末裔であったともいわれる。
匿名利用者