「オルホン渓谷」の版間の差分

編集の要約なし
m (ロボットによる 変更: nl:Orhonvallei)
|map_img_width = 275px
|}}
'''オルホン渓谷'''(オルホンけいこく)古称は'''嗢昆の野'''(あつこんのの)は[[モンゴル]]中央部の[[オルホン川]](古称は嗢昆河)両岸に広がっている[[渓谷]]。首都[[ウランバートル]]の西方約360 [[キロメートル|km]]にる。その渓谷の[[文化的景観]]は、2000年以上にわたって培われてきた[[遊牧民]]の伝統を例証するものとして、[[国際連合教育科学文化機関|ユネスコ]]の[[世界遺産]]に登録された。
 
== 重要性 ==
何世紀にも渡って、オルホン渓谷は[[ステップ (植生)|ステップ]]の王者の座所と見なされてきた。その最初の徴は、8世紀の[[突厥]](とっけつ、とっくつ)の[[ハーン:zh:毗伽|毘伽]][[可汗)[[ビルゲ]] ([[:en:Bilge Khan|Bilge Khan]]) によってこの渓谷に立てられた[[オルホン碑文]] ([[:en:Orkhon script|Orkhon script]]) を刻んだ石柱である。
 
この石柱の北方約40キロメートル(約25[[マイル]])には、聖なる森に覆われた山エチュケン ([[:en:Ötüken|Ötüken]]) のすぐ近くに、オルド(Ördü, 遊牧民の拠点)があった。[[契丹]](きったん、キタン)人がこの渓谷を支配していたときには、石柱は契丹の権力者の偉業を記録しておくために、3つの言語で刻み直された。
 
山々は[[テングリ]]崇拝における世界の枢軸として神聖視されていたが、けてもエチュケンは特別視されていた。それは、この山に可汗の祖霊が宿っていると信じられていたからである。加えて、エチュケンからはクット (qut) (qut)と呼ばれる霊力が発していて、それが可汗に[[テュルク]]を支配する神権を与えていると信じられていた<ref>Franke, Herbert. ''The Cambridge History of China''. Cambridge University Press, 1994. ISBN 0-521-21447-5. Page 347.</ref>。ゆえにこの渓谷を制する者はテュルクの支配者たることを天から認められたと見なされ、集団を統率することが出来たのである。
 
従って、オルホン渓谷を支配することはテュルクのどの集団にとって戦略的最重要項目に属し、歴史上、突厥もモンゴル人も拠点をこの地に置いたのである。
[[ファイル:Kyzyl_orkhon_inscription.jpg|thumb|オルホン碑文]]
* [[オルホン碑文]]
*: 8世紀初頭のビルゲ・ハン[[:zh:毗伽|毘伽]][[可汗]]からクル・ティギン (闕特勒:[[:enzh:Kul Tigin闕特勤|Kul Tigin闕特勤]]) までの[[突厥文字]]による記録。明らかに突厥のモニュメントの中で最も際立ったものである。[[光緒]]15年([[1889年]])から光緒19年([[1893年]])にかけて、ロシアの[[考古学]]者たちが発見し、解読した。
* カル・バルガス遺跡 (Ruins(Ruins of Khar Balgas)Balgas)
*: 8世紀の[[ウイグル族|回鶻族]]の回鶻単于城([[オルド・バリク]]の遺構。50 [[平方メートル|km&sup2;]] に宮殿、店、寺院などがった<ref>『九姓回鶻愛登里羅汨没蜜施合毘伽可汗聖文神武碑(並びに序)』には「北方の隅に国を襲ひ、'''嗢昆の野'''に都を建てる」と有る。</ref>
* [[チンギス・カン|チンギス・ハーン]]の首都[[カラコルム]]の遺跡
*: 有名な[[上都|ザナドゥ]]の宮殿を含んでいる。
* [[エルデネ・ゾー|エルデネ・ズウ僧院]] ([[:en:Erdene Zuu monastery|Erdene Zuu monastery]])
*: モンゴルで初の[[仏教]]の僧院だが、1937年から1940年にかけて、[[共産主義]]当局に一部破壊された。Tuvkhun Hermitageも海抜2600mの丘の上に位置する壮麗な僧院だったが、共産主義者によってほぼ全てが壊された。
* ドイト丘陵(Doit (Doit Hill) Hill)るモンゴル宮殿跡
*: 13世紀から14世紀にかけてのもので、[[オゴデイ]]の居城と考えられている。
 
94

回編集