「ギアナ宇宙センター」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
[[File:Ariane 5 launch pad.jpg|thumb|240px|ELA3発射施設。4つのタワーは避雷針である。]]
[[File:Detail site Kourou-en.svg|thumb|240px|ELA3発射施設の地図]]
'''ギアナ宇宙センター'''(Guiana Space Centreまたは、Centre Spatial Guyanais (CSG))は[[フランス領ギアナ]][[クールー (フランス領ギアナ)|クールー]]にある[[フランス国立宇宙センター]]の[[射場|ロケット発射基地]]。主に[[欧州宇宙機関]]や[[アリアンスペース]]社などが利用している。基地は[[赤道]]の北、約500km、北緯5度3分と低緯度にあり、[[人工衛星]]の打ち上げには適した位置にある。
 
[[1960年代]]初頭に[[フランス]]は[[アルジェリア]]で[[ロケット]]の発射試験を行っていたが、アルジェリアの独立に伴い、そこでの試験を中止した。[[1964年]]にクールーをロケット発射基地として選定した。基地は[[1968年]]から稼動し、最初の打ち上げは[[4月9日]]のことである。欧州宇宙機関は[[1975年]]の設立時より、ここを使用している。
基地の設備としては、ロケット発射基地として完備しており、人工衛星組み立て棟や固体燃料工場もある。1968年より複数の打ち上げ施設が建設されている。例えば、[[アリアン1|アリアン1ロケット]]のELA1は1975年から建設が開始され、[[1979年]]に初打ち上げを行っている。ELA1は[[1989年]]まで使用され、その後、解体された。[[アリアン3]]や[[アリアン4]]用の打ち上げ施設であるELA2は、[[1986年]]から[[2003年]]まで使用されている。
 
[[20072009年]]現在の打ち上げ施設としては[[1996年]]使用開始の[[アリアン5|アリアン5ロケット]]用ELA3があり、他に[[ヴェガロケット]]用の打ち上げ施設(ELA-1を再度建造)と、[[ソユーズロケット]]の打ち上げ施設も計画されてい(ELS)が建設中である。ソユーズの打上げ施設は[[2009年]]以降に完成予定である。
 
{{Commonscat|Centre spatial guyanais}}
[[Category:ロケット発射場|きあな]]
1,951

回編集