「長波」の版間の差分

編集の要約なし
m (キロヘルツ|)
'''長波'''(ちょうは : LF、Low Frequency)は'''長波帯'''(30[[キロヘルツ|kHz]]~300kHz)の[[周波数]]の[[電波]]をいう。波長は10[[キロメートル|km]]~1km。
 
伝搬の特徴としては、特に高緯度地域で大きな[[空中線]][[電力]]の地表波が安定して利用でき、また大電力の送信機が比較的簡単に製作出来る。そのため高[[緯度]]地域の[[ラジオ]][[放送]]などに利用される。
 
[[日本]]では、誘導無線・[[標準電波]]・ロランC無線航行などに用いられる。
匿名利用者