メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
文化大革命が終結した翌年の1977年に復活し、中央宣伝部長でもある胡耀邦が副校長に就任すると、理論研究室を設立して阮銘、呉江、孫長江らブレーンに内部雑誌『理論動態』の中で様々な改革理論を提起させ、党内の思想解放を促した。その中でも、「真理の追究」は先に出された[[鄧小平]]の『実事求是』論と呼応して毛沢東無謬論を盾に改革を妨害する華国鋒ら[[二つのすべて|すべて派]]を批判し、[[中国共産党第十一期中央委員会第三回全体会議|第11期三中全会]]での政策転換に貢献した。
 
1982年6月、胡耀邦が総書記職に専念するため、[[鄧力群]]の推薦で保守派長老の[[王震]]が後任に就いたが、保守派のトップである[[陳雲]]から「[[黄埔軍官学校]]のような組織にしてほしい」と指示を受けており、校長の権限で阮銘を党籍剥奪、呉江、孫長江を異動させるなど党校内部の改革派が一掃された。また、2001年に、[[慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス]]を訪問した<ref>[http://www.keio.ac.jp/ja/news/2001/kr7a430000006tmd.html 中国共産党中央党校訪日研修団、SFCを来訪]</ref>
 
==学部==
==関連項目==
*[[二つのすべて]]
 
== 脚注 ==
{{reflist}}
 
== 外部リンク ==
匿名利用者