「内閣総務官」の版間の差分

編集の要約なし
 
'''内閣総務官'''は、かつては[[内閣主席参事官]]と呼ばれたポストである。言ってみれば、官邸の事務長のような立場だ。[[内閣総理大臣秘書官]]や[[内閣総理大臣補佐官]]、[[内閣広報官]]などがいずれも[[内閣総理大臣]]を補佐し、[[政策]]の立案や実行に参画していたのに対し、総務官はあくまで首相周辺の事務的な事柄を円滑に進めるために存在する。とはいえそこは[[内閣]]の事務だけに、ことは[[宮中]]とのやり取りや[[国会]]との円滑な関係維持など、きわめて重要な任務といえる。
 
例えば内閣が改造され、[[閣僚]]が新たに任命された場合、[[天皇]]の[[認証式]]はいつ行われるかといった調整や、[[解散]]のくだりで述べた[[解散詔書]]の受け渡し、また、[[内閣官房長官]]の元におかれている[[報償費]]の管理など、どれもおろそかにできないものばかりだ。
匿名利用者