「奥野定良」の版間の差分

m
編集の要約なし
m編集の要約なし
m編集の要約なし
'''奥野将監 定良'''(おくの さだよし('''将監'''(しょうげん さだよし))、[[正保]]4年([[1647年]]) - [[享保]]12年[[5月22日 (旧暦)|5月22日]]([[1727年]][[7月10日]]))は[[播磨国|播州]][[赤穂藩]]士。組頭1000石。父は家老奥野将監定次。
 
[[元禄]]14年([[1701年]])3月、[[江戸城]]松之大廊下で主君[[浅野長矩|浅野内匠頭長矩]]が[[吉良義央|吉良上野介義央]]に刃傷におよび、浅野内匠頭は切腹。赤穂藩は改易となった。
*[[元禄赤穂事件]]
 
[[category:元禄赤穂事件|おくのさたうけん]]
{{生没年|おくのさたうけん|1647年|1727年}}