「デビッド・ロワゾー」の版間の差分

m
後ろ回し蹴り
m (後ろ回し蹴り)
|}}
 
'''デビッド・ロワゾー'''('''David Loiseau'''、男性、[[1979年]][[12月17日]] - )は、[[カナダ]]出身の[[総合格闘家]]。[[ケベック州]][[モントリオール]]出身。TKOマネージメント所属。
 
[[UFC]]に長い間参戦し、[[エヴァン・タナー]]、[[リッチ・フランクリン]]らとUFCミドル級トップ戦線を争った。
 
長い手足から繰り出される[[ムエタイ]]仕込みの打撃を武器にする。特に[[後ろ回し蹴り]]は得意技のひとつで、[[チャールズ・マッカーシー]]戦ではこの技でKO勝ちを見せた。
 
== 来歴 ==
[[2000年]][[6月2日]]、[[TKO (格闘技団体)|UCC 1]]でプロ[[総合格闘技]]デビュー。
 
[[2003年]][[4月25日]]、[[UFC]]初参戦となる[[UFC 42]]で[[マーク・ウィアー]]と対戦し、パンチでKO勝ち。
 
[[2006年]][[3月4日]]、[[UFC 58]]で[[リッチ・フランクリン]]とミドル級タイトルマッチで対戦し、判定負け。
 
2006年[[9月23日]]、[[UFC 63]]で[[マイク・スウィック]]と対戦し、判定負け。
 
[[2007年]][[2月10日]]、[[Elite Xtreme Combat|EliteXC]]に参戦し、[[ジョーイ・ヴィラセニョール]]に判定負け。
 
[[2009年]][[4月18日]]、[[UFC 97]]で約2年半振りにUFCに復帰し、[[エド・ハーマン]]に0-3の判定負け。
 
== 戦績 ==
49,118

回編集