「北関東自動車道」の版間の差分

略称は'''北関東道'''(きたかんとうどう)、北関東自動車道建設促進期成同盟会が公募で決めた[[愛称]]は'''北関'''(きたかん)。
 
[[北関東|北関東三県]]の[[県庁所在地]]である前橋市、宇都宮市、水戸市を通過する路線となっている。[[両毛線]]や[[水戸線]]と並行している。現在は約8割の区間が開通しており、残り区間は建設中である。起点近くの前橋市から終点近くの水戸市までは[[国道50号]]とほぼ並走しており、国道50号沿線ではない高崎市・下都賀郡[[壬生町]]・宇都宮市・真岡市も経由している。北関東自動車道が通じていない[[桐生市]]・[[小山市]]・[[結城市]]には国道50号が通じており、相互補完の関係にある。
 
[[岩舟ジャンクション|岩舟JCT]]-[[栃木都賀ジャンクション|栃木都賀JCT]]は東北自動車道と重複しており、ほかに関越自動車道、[[常磐自動車道]]の2路線と接続している。将来的には[[東関東自動車道]]とも接続する計画で、栃木-茨城間は[[2008年]][[12月20日]]に全通した。また、群馬-栃木間は2011年度に全通予定だったが、工事が順調に進んでいる事から前倒しされ、[[佐野田沼インターチェンジ|佐野田沼IC]]-岩舟JCTが[[2010年]]の[[ゴールデンウイーク]]前に、残る区間も[[2011年]]中頃に開通する予定である。
匿名利用者