メインメニューを開く

差分

 
==概要==
大きさは、全長96メートル、後円部直径62メートル、前方部長さ34メートル、前方部高さ約9.6メートル、後方部高さ4メートルで山形県では最大規模を有し、東北では6番目の大きさの前方後円墳である(2008年5月現在)。もともと存在した自然丘を削り出して造られており、後円部が三段築成、前方部が一段築成である。造られた時期は、出土[[遺物]]と築造方法などから推定すると、[[4世紀]]後半から[[5世紀]]初頭と推定さ考えられる。[[昭和]]55年([[1980年]])には、国の[[史跡]]に指定された(指定地面積、10,182.7平方メートル)。その後の昭和62([[1987年]])と昭和63年([[1987年]])の発掘[[発掘調査]]では、被葬者の埋葬施設には石室が存在しないことがわかり、このことから木棺を直接埋葬したもの(木棺直葬)と考えられた。また、高坏形[[土師器]]と、底部穿孔[[土師器]]という珍しい[[土器]]も出土したが、[[埴輪]]や葺石等は確認されていない。
現在は史跡公園として整備されている。
 
21

回編集