「風習」の版間の差分

編集の要約なし
 
== 風習の特徴 ==
風習は、[[文化]]という[[概念]]に比べ、より狭い地域での特徴を指す。風習がより多くの人々に受け入れられ様々な地域に通用する存在になるとそれは文化となる。例えば[[結婚]]制度において[[農村部]]では「家」の概念が強く複数世代の同居や[[伝統]]的な[[性差]]による役割の分類が根強く存在しているのに対して[[都心部]]では薄れているという現状がある。この2つの考えは相容れず、概念の[[摩擦]]が起こりやすい。よってこの概念は限られた地域にのみ通用するので風習と定義されるが、地方や都道府県、国家単位での共通概念は文化と定義される。
 
== 文化との関連性 ==
*[[習慣]]
*[[風俗]] 
*[[文化]]
 
[[Category:伝承|*]]
匿名利用者