「ジュリエット型潜水艦」の版間の差分

m
(新しいページ: 'thumb|300px| 651型潜水艦 1986年8月撮影 651型潜水艦は、冷戦期に[[ソ連海...')
 
== 概要 ==
 
1950年代、ソ連海軍の戦力は米海軍に比べ劣勢であり、特にアメリカが誇る空母打撃部隊や水上戦闘艦隊はソ連にとって重大な脅威であった。これに対抗すべく、ソ連海軍はミサイル飽和攻撃による米艦隊殲滅作戦を企てた。そのためには、大量の巡航ミサイルの運用・発射が可力を持つな巡洋艦・駆逐艦・潜水艦であなどが必要となった。
 
このため、ソ連海軍は巡航ミサイル潜水艦を構想し、まず実験台として、[[611型潜水艦]]の一部に[[スカッド|P-11]]ミサイルを搭載し、その可能性を検証した。次いで、本格的な巡航ミサイル潜水艦として開発されたのが、651型潜水艦であった。651型は、核弾頭を装備した艦対艦巡航ミサイル4発を搭載し、対米艦隊ミサイル飽和攻撃部隊の一角を担った。搭載兵装として、当初は慣性誘導型対艦ミサイルのP-5、P-6を搭載していたが、後に衛星誘導型のP-500に変更されている。
252

回編集