「テイルズ オブ グレイセス」の版間の差分

; アスベル・ラント (Asbel Lhant)
: [[声優|声]] - [[櫻井孝宏]](幼少時代:[[甲斐田ゆき]])
: 1811歳~18歳 身長175cm 体重65kg クラス:剣士 出身:ウィンドル王国ラント領 一人称:俺(場面によっては私)
: 主人公。ラント領領主アストンの長男。幼少時代は非常にやんちゃで勝気な少年で、仲間を引っ張るリーダー的な存在だった一方、父に対しては強い反抗心を抱き、将来は領主の後継よりも王国騎士団への入団を望んでいた。子供にもかかわらず確かな技量を持ち、騎士団員に才能を高く評価されていた。ある日、裏山の花畑で記憶を失った少女と出会い、彼女に「ソフィ」という名前をつけ、ソフィの記憶が戻るまで彼女を守ることを決意した。しかしある事件でソフィは自分たちを守って死んでしまい、それがきっかけで誰かを守るために強くなりたいと思う気持ちが強まり、家出をして王都にある騎士学校に入学した。
: 現在は幼い頃の活発振りが薄れ、真面目で礼儀正しい青年へと成長を遂げた。7年前にソフィを目の前で失った事実は、彼の心に深い傷を残している。もう少しで念願の騎士になれるところだったが、7年りに再会したシェリアから父親がフェンデルとの国境紛争で亡くなった事を聞かされ、跡を継ぐ為に騎士学校を辞めてラントに戻る。その後、フェンデルとの国境紛争でシェリアと共に追い詰められた時、7年前に死んだ筈のソフィが目の前に現れ、それが彼の運命を大きく左右していく。
: 幼馴染であるシェリアに好意を寄せられているが、鈍感な為シェリアに彼女の気持ちに気付いていない。また最近になって目覚めた謎の力である「光の力」を持つ。
: 甘口のカレー大好
: 所持武器はサーベルと刀。固有装具は剣のホルダー。戦闘スタイルは帯刀技と[[抜刀術]]。
; ソフィ (Sophie)
; ヒューバート・オズウェル (Hubert Ozwell)
: 声 - [[水島大宙]](幼少時代:[[高橋美佳子]])
: 1710歳~17歳 身長171cm 体重62kg クラス:煇術剣士 一人称:ぼく
: 旧名はヒューバート・ラントで、アスベルの弟。ソフィが消えて間もなく、ストラタのオズウェル家の養子となり、出世を重ねてストラタ軍少佐の地位に就いた。幼少時代は気が弱く大人しい性格で、いつも兄のアスベルの後をくっついていた。また努力家な勤勉家で非常に博学だった。
: 現在は真面目で軍務に忠実だが、養子に出された事で家族に捨てられたと思うようになっており、当初は兄アスベルや母親に対して冷たい態度で接していた。しかし内心では家族を大切に想う気持ちを持ち続けており、兄や幼馴染のシェリアやソフィの身を案じていた。疑い深く隠し事をされるのを嫌い、一行に同行するようになった当初はなかなか本性を露にしないマリクやパスカルに不信感を募らせている。またアスベル同様に「光の力」を持ち、この力については彼なりに調査していた。パスカルには「弟君」と呼ばれている。
; シェリア・バーンズ (Cheria Barnes)
: 声 - [[河原木志穂]]
: 1811歳~18歳 身長160cm 体重47kg クラス:治療士 一人称:私
: ラント家に仕える執事の孫娘。アスベルとヒューバートの幼馴染で、昔からアスベルに恋心を抱いている。幼少時代は気が強くお転婆だったものの、生まれつき病弱で、少し無理をするだけでも発作を起こしていた。だが、ソフィが消滅した事件の後に健康体となり、7年後にはアスベルたち同様に「光の力」に目覚め、治癒術が使えるようになり、紛争で負傷した人々を助けている。
: アスベルと再会した当初は態度が暗くほとんど笑う事はなかったが、それはアスベルの父・アストンの死とアスベルが騎士学校在籍中に手紙一つもラントに出さなかったが原因であり、ある事件を機に以前のような明るく積極的な自分として接するようになる。
; リチャード (Richard)
: 声 - [[浪川大輔]](幼少時代:[[三瓶由布子]])
: 1912歳~19歳 身長178cm 体重67kg クラス:細剣士 一人称:僕
: ウィンドルの王子で、アスベルの親友。幼少時代にラント領を訪れた際にアスベル達と出会う。暗殺者の襲撃から救ってくれたアスベルとソフィに感謝し、友情を深める。ラントの裏山にある大樹には「友情の誓い」として彼ら3人の名前が刻まれている。アスベルには、特別な存在としての絶対的な信頼を寄せている。
: 固有装具はマント。戦闘スタイルは細剣技と攻撃術。
: 声 - [[東地宏樹]]
: 40歳 身長186cm 体重76kg クラス:投刃剣士 一人称:オレ
: ウィンドルの騎士養成学校の教官で、アスベルの恩師。アスベルが最も尊敬している人物で、非常に優秀な戦士として一目置かれている。鼻で笑う癖がある。時として大人のジョークを交わす時があり、ソフィが世間知らずである事をいいことに色々と変なことを吹き込んでいる。武器はブーメランのような形の曲刀だが、他の騎士が真似しないその独特な戦闘スタイルで、更に彼自身はウィンドルの出身ではないような様子があり、それ故にヒューバートから警戒されている。アスベルをはじめ、パーティ内での呼称は「教官」。実は高所恐怖症
: 固有装具は香水。戦闘スタイルは操刃技と攻撃術。
; パスカル (Pascal)
: 声 - [[植田佳奈]]
: 22歳 身長155cm 体重45kg クラス:法陣士 一人称:あたし
: アスベルが旅の途中で出会う天才技術者。かなりいい加減でマイペース。明るく人懐っこい性格で、パーティのムードメーカー的存在。初対面からソフィに興味津々で、スキンシップを試みては毎回警戒されている。武器の長杖はそのまま銃になる。
: 固有装具はマフラー。戦闘スタイルは長銃技と法陣術。
 
; フレデリック・バーンズ
: 声 - [[松岡文雄]]
シェリアのでラント家の執事
; バリー
: 声 - [[中村大樹]]
; レイモン・オズウェル
: 声 - [[優希比呂]]
: ヒューバートの副官で彼の義従兄。本来オズウェル家の出自ではないヒューバートを快く思わず、彼の失脚を狙った。その企みを知ったシェリア拉致を試みたものの、アスベル達に妨害され失敗。自決を図ったが、シェリアの治療で命を取り留め、改心した。酷い仕打ちをした自分を咎めなかったシェリアに、好意を抱くようになる。
; ガリード・オズウェル
; ダヴィド・パラディ
匿名利用者