「多摩ニュータウン」の版間の差分

多摩ニュータウンの商業的な特徴としては「都市センター」には百貨店を含む都市型商業施設、「地区センター」には量販店を基軸とした郊外型商業施設の進出が盛んであり、主に[[多摩センター]]地区、[[南大沢駅|南大沢]]地区、[[永山 (多摩市)|永山]]地区、[[若葉台]]地区、[[堀之内]]地区、[[多摩境駅|多摩境]]地区、[[尾根幹線]][[別所]]地区など広い[[商圏]]を形成している。また、住区内の「近隣センター」には日用品を充足する中規模店舗、区画整理事業地区にはコンビニエンスストアや特色ある個人商店が多く点在している。
 
近年は特に郊外型の大型店が増加傾向にあり、広大な売場面積を持つ新形態の「三井アウトレットパーク多摩南大沢」や[[カインズホーム]]・[[ケーヨー|ケーヨーデイツー]]・[[コーナン]]・[[ユニディ]]など大規模ホームセンターと、[[ドン・キホーテ (企業)|ドン・キホーテ]]のような総合ディスカウントストア、[[ギガスケーズデンキ|ケーズデンキ]]・[[コジマ]]・[[ラオックス]]・[[ベスト電器]]・[[ヤマダ電機]]の[[家電量販店]]などが多数進出し隣接する[[相模原市|相模原]]・[[町田市|町田]]地区や[[八王子市|八王子]]・[[立川市|立川]]地区、[[多摩市|聖蹟桜ヶ丘]]・[[府中市 (東京都)|府中]]地区などを巻き込んでの競争状態に突入している。
 
== 各地域の特色 ==
匿名利用者