「一色義道」の版間の差分

編集の要約なし
m (fix)
'''一色 義道'''(いっしき よしみち、? - [[天正]]7年([[1579年]]))は[[戦国時代 (日本)|戦国時代]]、[[安土桃山時代]]の武将・大名。[[丹後国|丹後]]守護。[[四職]][[一色氏]]の当主。[[一色義幸]]の子[[一色義定]](義俊、満信)の父。別名は義通、通称を式部大補左京大夫。
 
== 生涯 ==
丹後の一色氏は元々[[室町幕府]]の[[四職]]の一に数えられる名家であったが、[[戦国時代 (日本)|戦国時代]]には没落の一途をたどり、丹後守護職も隣国の[[若狭武田氏]]に奪われる有様で、かつての守護家の権威を利用しどうにかもって実効支配を続ける状態あった。[[1558年]]、父の隠居により家督を継いだ承する。弟の[[一色義清|義清]]を吉原城に送り、廃するなどして丹後の奥三郡の統につと
 
[[1568年]]その後上洛した[[織田信長]]が[[足利義昭]]を奉じて上洛する信長に急速に接近して親交を深め、[[1575年]]の信長による[[越前一向一揆]]討伐にも参戦するなどた結果、信長からより[[丹後国|丹後]]一国を安堵される。しかし、信長による[[比叡山焼き討ち (1571年)|比叡山焼き討ち]]よって追われた[[比叡山]]の僧侶や将軍義昭を匿うなど信長と対立し、[[1578年]]から信長の部将である[[明智光秀]]と[[細川幽斎|長岡藤孝]]と交戦する
 
[[1879年]]には光秀の調略によって相次ぐ家臣の寝返りを招き、ついに居城である[[建部山城]]も落城した。義道は[[但馬国|但馬]]への逃亡を企て、途中の中山城(京都府舞鶴市中山)に身を寄せたものの、城主中山幸兵衛は長岡方に内応していたため、行き場を失って自害した。
しかし、信長の[[比叡山焼き討ち (1571年)|比叡山焼き討ち]]より逃亡した[[比叡山]]の僧侶や信長により京を追われた[[征夷大将軍|将軍]]・[[足利義昭]]を匿ってしまったため、信長の怒りを買って[[1578年]]から信長の命を受けた[[明智光秀]]と[[細川幽斎|長岡藤孝]](細川藤孝)率いる織田軍に攻められることとなる。
 
== 備考 ==
一時はこれを撃退したが、翌年に入ると光秀の調略に応じて義道の家臣団が次々と寝返ってしまい、長岡軍の猛攻の前に居城の[[建部山城]]も落城。[[但馬国|但馬]]に逃亡を企てて、起死回生を果たすべく中山城(京都府舞鶴市中山)に身を寄せたが、城主の中山幸兵衛は既に長岡方に内応しており、行き場を失った義道は自害した。勇将として知られた子の義定と異なり、義道は領内に悪政を敷いたため人望に乏しく、そのために国人の離反を防げなかったとされている。
*勇将として知られた子の義定と異なり、義道は領内に悪政を敷いたため人望に乏しく、そのために国人の離反を防げなかったとされている。
 
[[Category:一色氏|よしみち]]
匿名利用者