「一色義定」の版間の差分

編集の要約なし
m
'''一色 義定'''(いっしき よしさだ、生年不詳<!--[[永禄]]元年([[1558年]])--> - [[天正]]10年[[9月8日 (旧暦)|9月8日]]([[1582年]][[9月24日]])?)は[[一色氏]]、戦国時代当主武将[[一色義道]]の子、別名'''満信'''、義俊、義有。通称五郎。妻は[[細川幽斎|細川藤孝]](幽斎)の娘の伊也(『一色軍記』では”菊の方”)
 
父は[[一色義道]]、妻は[[細川幽斎|細川藤孝]](幽斎)の娘伊也(『一色軍記』では”菊の方”)。
 
==経歴==
剛勇に優れた猛将で、父義道と共に[[織田信長]]配下の細川藤孝の丹後侵攻を退けていたという。[[1579年]]、父に義道味方の裏切りによって殺され自害すると家督を継いで一色氏の残党を率い承し、[[弓木城]]で徹底残党を率いて織田方に抗戦し細川藤孝に大勝した。
 
このため山陰道進攻軍総帥の[[明智光秀]]は、[[細川幽斎|細川藤孝]]の娘を義定に娶わせることで一色家と和議を結び、以後は細川家とともに丹後を分割して統治することとなる。その後は丹後守護として信長に認められ、[[1581年]]の[[京都御馬揃え]]にも出席、[[武田氏|甲斐武田氏]]の討伐にも細川氏と共に従軍している。
 
1582年の、[[山崎の戦い]]では、細川藤孝と異なり明智光秀に味方した。戦後、藤孝の婿であったため、[[豊臣秀吉|秀吉]]に当初は黙認されていたものの、秀吉から、義定が謀反を企んでいることの報せが届くと、義定を疑った藤孝と忠興により[[宮津城]]に招かれてだまし討ちにより殺害された。
 
義定の殺害と同時に、城内に入っていた家臣も皆殺しにされ、城下に控えていた雑兵100人も、[[松井康之]]、米田求政率いる軍勢に討ち取られ、その勢いで弓木城も降伏させられた。なお、妻の伊也は降伏した際に、細川家に戻った。
 
抗戦に手ずっめ山陰道進攻軍総帥の[[明智光秀]]は、[[細川幽斎|細川藤孝]]の娘を義定は政略結婚娶わせることで一色家とよって和議を結び、以後、丹後は細川ともに丹後を分割して統治することとなるしたその後義定は丹後守護として信長に認められ、[[1581年]]の[[京都御馬揃え]]にも出席参加し、[[武田氏|甲斐武田氏]]の討伐にも細川氏と共に従軍している。
この一色氏の滅亡により、この後は[[丹後国|丹後全土]]を細川家が支配することとなった。
 
1582年の[[山崎の戦い]]では[[明智光秀]]に味方したが、細川氏の縁戚を考慮されたためか、戦後は許されている。のちに[[豊臣秀吉|羽柴秀吉]]から義定による謀反企図の報に接し、細川氏によって[[宮津城]]にて謀殺された。その際、城内の家臣や城下の雑兵100人も[[松井康之]]、米田求政率いる軍勢に討ち取られ、弓木城も降伏した。なお、妻伊也は降伏した際に細川氏に戻っている。
没した日について、『一色軍記』においては本能寺の変以前の2月に義俊(義定)が殺害されたことになっているが、『丹州三家物語』においては9月に殺害されたとしており、上宮津盛林寺に存在する「一色満信」の位牌においても9月8日と記されている。
 
この一色氏滅亡により、この後は[[丹後国|丹後全土]]を細川家が支配することとなった。
[[伊予国|伊予]][[新居浜市|新居浜]]で[[石川通清]]の[[食客]]となった[[一色重之]]は、細川氏の攻撃から落ち延びた義定の三男という伝承がある<ref>日野和てる『[[西條誌]]』 [http://www.lib.ehime-u.ac.jp/saijo/index/No.12/103.html 巻之十二]</ref>。重之の子孫は[[庄屋|大庄屋]]として幕末を迎えた。
 
== 備考 ==
なお、「[[細川忠利|妙解院殿忠利公]]御代於豊前小倉御侍帳並軽輩末々共に」では乗物かき小物頭の真下梶之助を一色義有の子としている。
没し*義定が謀殺された日について、『一色軍記』において[[本能寺の変]]以前の2月に義俊(義定)が殺害されたになっているが、『丹州三家物語』においては9月に殺害されたとしており、また、上宮津盛林寺に存在する「一色満信」の位牌においても9月8日と記されている。
*[[伊予国|伊予]][[新居浜市|新居浜]]で[[石川通清]]の[[食客]]となった[[一色重之]]は、細川氏の攻撃から落ち延びた義定の3男という伝承がある<ref>日野和てる『[[西條誌]]』 [http://www.lib.ehime-u.ac.jp/saijo/index/No.12/103.html 巻之十二]</ref>。重之の子孫は[[庄屋|大庄屋]]として幕末を迎えた。
なお、*「[[細川忠利|妙解院殿忠利公]]御代於豊前小倉御侍帳並軽輩末々共に」では乗物かき小物頭の真下梶之助を[[一色義有]]の子と伝えている。
 
==脚注==
匿名利用者