メインメニューを開く

差分

DOHC

1,375 バイト追加, 9 年前
114.48.64.52 (会話) による ID:29630239 の版を取り消し
一般ユーザー向けのキャッチフレーズ的なニュアンスで、「'''ツインカム''' (TWINCAM) 」と呼ばれることもある。四輪では[[トヨタ自動車|トヨタ]]<ref>[[トヨタ・T型エンジン|2T-G]]系などが主力の時代はDOHCと称している。</ref>と[[日産自動車|日産]]<ref>[[日産・FJエンジン|FJ20]]系しかDOHCエンジンが無かった時代にはDOHCと称している。</ref>、スズキ、[[ダイハツ工業|ダイハツ]]が、二輪ではカワサキがこの呼称を採用している。
 
ただし厳密にはDOHC=ツインカムではない。これは[[V型エンジン|V型]]や[[水平対向エンジン|水平対向]]などシリンダーヘッドを2つ持つエンジンの場合、SOHCでカムシャフトが2本(2-OHC)になるため<ref>逆に、各Vバンク上に1本ずつのカムシャフトを持つが、それぞれが吸気または排気専用のカム列を持ち、SOHCを名乗りながらもシリンダー側から見るとDOHC類似のカムシャフト配置となる[[狭角V型エンジン]]のようなケースもある。</ref>。もっとも、これをツインカムと称する例はまず無いものと思われる。トヨタはシリンダーヘッドがふたつになるV型のDOHCエンジンに関しては「FOUR CAM(4-OHC)」と称していた。
世界的にはDOHC=ツインカムです。シリンダーヘッドを2つ持つエンジンの場合でも吸排気バルブを2本のカムで作動させる意味でツインカムと言われています、一部の国産車でSOHCの水平対向やV型エンジンでツインカムと表示しているのは、販売戦略用の表示で国際的には理解されるものではありません。購買者を惑わす表示メーカーは即刻表示を変更するべきです。
例外的に[[ハーレーダビッドソン]]は自社のカムシャフトが2本の[[V型2気筒]]OHVエンジンをTWINCAMと称している。これは自社の従来のエンジンのカムシャフトが1本だったことから、それらと区別するためである。
表記はトヨタが「TWINCAM24(4バルブ6気筒)」「TWINCAM16(4バルブ4気筒)」「TWINCAM20(5バルブ4気筒)」、日産は「TWINCAM 24VALVE(4バルブ6気筒)」「TWINCAM 16VALVE(4バルブ4気筒)」、ダイハツが「TWINCAM-16V(4バルブ4気筒)」「TWINCAM-12V(4バルブ3気筒)」となる。
 
また別名では、主に直列(並列)型エンジンがTWIN CAM、V型および水平対向型エンジンがそれぞれFOUR CAMなどと呼ばれる。TOHC(Twin OverHead Camshaft / ツイン・オーバーヘッド・カムシャフト )と表記されることもある<ref>鈴木孝『エンジンのロマン <small>発想の展開と育成の苦闘</small>』(三樹書房、2002年) ISBN 4-89522-287-X</ref>。
== マルチバルブ ==
[[ポペットバルブ]]を持つ4ストロークエンジンにおいて1つの[[気筒]]あたり2より多いバルブを持つことをいい、そのエンジンのことをマルチバルブエンジンという。一部にSOHCやOHV(OHVの場合は一部の[[オートバイ|二輪車]]あるいは産業用、[[農業機械]]用を含む一部の[[ディーゼルエンジン]])のマルチバルブエンジンが存在するものの、ほとんどのマルチバルブエンジンはDOHCエンジンであり、前述のプジョーのレース車最初のDOHCエンジンも、同時に最初のマルチバルブエンジンでもあり、両者は密接な関係にある。{{Main|マルチバルブ}}
匿名利用者