「UART」の版間の差分

編集の要約なし
 
== 代表的なUART ==
代表的なUARTとしては、[[ナショナル セミコンダクター]]の開発した'''[[16550 UART|16550A]]'''がある。[[IBM]]の発売した[[PC/AT]]では、'''16450'''というUARTが採用されたが、これに[[FIFO]]を内蔵したものが'''16550A'''である。現在でも[[PC/AT互換機]]の[[シリアルポート]]では、'''16550A'''と互換性のあるUARTが使用されている。'''16450'''と互換性を保つため基準発振周波数1.8432MHzな最大通信速度115.2kbpsが標準だが、この基準発振周波数を変更するか、互換性のある拡張機能を使用する事により、より高速なデータ通信速度が設定できるUARTが多い。'''16550A'''からの拡張機能を使う事で、'''16950'''系で460.8kbps、'''16750'''系で921.6kbpsなどと、'''16550A'''と速度設定条件の互換性を保ったまま高速化できる。拡張機能を使わず基準発振周波数のみ最大周波数を供給する事で、'''16550A'''に8MHzで0.5Mbps、'''16550AF'''に24MHzで1.5Mbps、'''OX16C950B'''に60MHzで3.75Mbpsなどと、ソフトウェア制御設定を変えずに高速化できる。拡張機能を使い基準発振周波数を最大にする事で、'''OX16C950B'''に60MHzで15Mbps、'''XR16M255x''' & '''XR16M265x''' & '''XR20M117x''' & '''XR20V217x''' シリーズに64MHzで16Mbpsなどと、高速化できる。'''16550A'''との互換性を無くし、更に高速化したUARTもある。
 
'''16550'''より以前に存在していた'''[[インテル]] 8251'''も広く使われていた。[[Z80]]ファミリではZ80 SIO('''Z84C40''')が存在する。
* [[RS-232]]
* [[8250 UART]]
* [[16550 UART]]
 
== 脚注 ==
1,063

回編集