「IA-64」の版間の差分

ゴミ取り
m (ロボットによる 追加: en:Itanium#Architecture)
(ゴミ取り)
 
== IA-32サポート ==
[[IA-32]]をサポートするため、[[Itanium]]は特殊なジャンプ命令で32ビットモードに移行する。IA-32命令は、専用Itaniumデコーダとダイナミックスケジューラを経て、IA-64と共通の実行各機能ユニットで実行される。しかしIA-32用のリItaniumはEPICスタイアメント処理が行われる。すなわち、IA-32ルの命令を高速関し実行するよう設計されは(IA-64命令と違)るため、アウ・オオーダ実行される。にもかかわ機能を持っておらず、IA-32コードの実行はIA-64命令では同クモードと比較しても[[Pentium]]系プクのPentium3相当のサと比較しても非常に性能が出的に不利であ一方で、IA32命令では同クロックのPentium3の3割程度の速度しか出ない。例えば、Itaniumの機能ユニットは通常の[[演算論理装置|ALU]]での計算の副作用のため整数フラグを自動的には生成しないし、境界が整っていないメモリロードを複数続けて行うようにはできていない。[[Linux]]や[[Microsoft Windows|Windows]]上で動作するIA-32EL(Execution Layer)というIA-32ソフトウェアエミュレーターがあるが、ハードウェアがIA-32モードで実行するよりもエミュレータで実行した方が約50%高性能である。
 
Windowsエミュレータはマイクロソフトから、LinuxエミュレータはNovellのようなLinuxベンダーから入手可能である。[[Itanium 2]]のMontecitoからはハードウエアデコーダは削除され、[[Extensible Firmware Interface]](EFI)でIA-32エミュレータがロードされる様になった。
インテルは新しい[[Xeon]]で[[IA-32]]を拡張した[[Intel 64]]を採用し、これはAMD64と概ね互換性がある。
 
[[2005年]]に、HPがIA-64搭載のワークステーションの販売を終了した(それに伴ってハードウェアへのバンドルのみのOEM提供だったWindows XP Professional 64-bit Itanium Editionの提供も販売が終了し、代わってx64 Edition が販売が開始された)事に象徴されるように、IA-64はワークステーション市場からも姿を消そうとしている。現在はおり、[[メインフレーム]]代替市場に活路を見出しつつあるが、採用例が日本メーカーに集中している。
 
== 関連項目 ==
[[Category:ヒューレット・パッカード]]
[[Category:マイクロプロセッサ]]
 
「「
 
[[cs:IA-64]]
[[de:IA-64]]
[[en:Itanium#Architecture]]
[[es:Arquitectura Intel Itanium]]
[[fi:IA-64]]
匿名利用者