「バイコヌール」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
'''バイコヌール'''('''Baikonur'''、[[カザフ語]]: Байқоңыр、[[ロシア語]]: Байконур)は[[カザフスタン共和国]][[クズロルダ州]]にある都市で、[[ロシア]]が使用権を持ち管理している。[[バイコヌール宇宙基地]]のために建設され、かつてはレニンスクと呼ばれていたが[[1995年]][[12月20日]]に[[ボリス・エリツィン]]により公式にバイコヌールへ改名された。
 
本来のバイコヌールは、ここから数百km約500km北東の[[カラガンダ州]][[ジェズカズガン]]近郊にある[[鉱業]]の盛んな町である。発射場の位置を秘密にして特定されないように、この名前が付けられた。カザフ語のバイコヌールには「裕福な茶色」(つまり「たくさんのハーブがある肥沃な土地」)という意味がある。しかしここにある駅は、基地よりも前からの古い名前([[チュラタム]])のままである。
 
この都市の運命は、[[ソビエト連邦|ソビエト]]/ロシアの宇宙計画や[[バイコヌール宇宙基地]]に影響されてきた。
41

回編集