「スフヤーン・マーヒル・ハサン・アッ=ティクリーティー」の版間の差分

実際は、フセイン政権崩壊後にスフヤーンは、故郷である[[ティクリート]]に戻っていたというのが真相である。
 
== 拘束〜裁判〜無罪判決 ==
[[2004年]][[7月18日]]、スフヤーンは、ティクリートの自宅で米軍とイラク国家警備隊・第1歩兵師団によって拘束された。イラク駐留外国軍、イラク治安部隊、イラク国民に対するテロを計画・支援していたという容疑が逮捕の理由である。
 
匿名利用者