メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
{{otheruses|作家|情報工学者|佐野洋 (情報工学者)}}
{{文学}}
'''佐野 洋'''(さの よう、[[1928年]]5月22日 - )は[[日本]]の [[推理作家]]、[[評論家]]。本名は丸山一郎。[[東京都]][[大森 (大田区)|大森]]出身。[[第一高等学校 (旧制)|旧制一高]]に首席合格、[[東京大学]]文学部心理学科卒業。[[読売新聞社]]に入社。当初兼業作家だったため、ペンネームは「社の用」にかけて付けた。最も好きな推理作家として英国の[[アンドリュー・ガーヴ]]の名を挙げている。黒岩重吾に「血や汗を流していない小説」と批判され、「むしろ賛辞と受け止めたい」と返したほど知的遊戯としてのミステリを貫いているが、一方でシリーズ探偵には否定的立場を取り、エキセントリックな犯罪や大掛かりなトリックも排除するなど、ほどのよいリアリズム、中庸さが持ち味でもある。近年は雑誌発表短編を直接文庫本にまとめるケースが多い
 
実弟の[[丸山昇]]は中国文学者で[[東京大学]][[名誉教授]]。兄弟ともに[[日本共産党]]の支持者として知られる。
匿名利用者