「アルブレヒト・フォン・ヴァレンシュタイン」の版間の差分

編集の要約なし
m (ロボットによる 追加: zh:阿尔布雷赫特·冯·华伦斯坦)
[[画像:Hw-wallenstein.jpg|thumb|Albrecht von Waldstein]]
'''アルブレヒト・ヴェンツェル・オイゼービウス・フォン・ヴァレンシュタイン'''('''Albrecht Wenzel Eusebius von Wallenstein''', '''Albrecht Václav Eusebius z Valdštejna''', [[1583年]][[9月24日]] [[ボヘミア]] - [[1634年]][[2月25日]] ボヘミア・[[エーガー]] Eger(現[[ヘプ]] Cheb))は、[[中世]]の[[三十年戦争]]期のボヘミア(ベーメン['''Böhmen'''])の[[傭兵]][[隊長]]である。もとの姓はヴァルトシュタイン(Waldstein)。
 
ボヘミアの[[ドイツ系]][[プロテスタント]]の小[[貴族]]の家に生まれるが、[[カトリック教会|カトリック]]に改宗して[[イタリア]]の[[パドヴァ大学]]に遊学した。
 
ボヘミアの[[プロテスタント]]の小[[貴族]]の家に生まれるが、[[カトリック教会|カトリック]]に改宗して[[イタリア]]の[[パドヴァ大学]]に遊学した。
帰国後に[[傭兵]]となる。
 
[[1618年]]にボヘミア反乱が起こると[[神聖ローマ]]皇帝[[フェルディナント2世 (神聖ローマ皇帝)|フェルディナント2世]]に味方し、軍資金不足の皇帝に私兵を提供して皇帝軍総司令官に任命された。
 
[[1623年]]に北ボヘミアの[[フリートラント]]侯に任じられる。
 
陸上での戦争では[[デンマーク]]王[[クリスチャン4世 (デンマーク王)|クリスチャン4世]]などのプロテスタント諸侯に対し連戦連勝している。その間に免奪税などの軍税制度を創出して占領地から取り立て、これが批判される一方、他の軍の略奪行為との兼ね合いから波紋を広げる。
 
功績が認められて[[メクレンブルク]]公となるが、旧来の帝国諸侯たちの反感を、皇帝の命で総司令官を解任された。
 
その後、[[スウェーデン]]軍の侵入で後任の総司令官[[ティリー伯ヨハン・セルクラエス|ティリー伯]]が戦死し、窮地に陥ったフェルディナント2世の懇願を受け復職した。このときに、[[選帝侯]]位を要求したとも言われる。
 
しかし、かつてのように自ら鍛え上げた軍団ではなく、皇帝軍という既成の組織を指揮したこともあって精彩を欠き、[[1632年]]には[[リュッツェンの戦い (1632年)|リュッツェンの戦い]]で[[スウェーデン国王]][[グスタフ2世アドルフ (スウェーデン王)|グスタフ・アドルフ]]を戦死させながらも皇帝軍は敗走し、独自に講和を結ぼうとしたことから反逆の疑いをかけられ、エーガーの居城でで皇帝軍将校に[[暗殺]]された。齢51
 
選帝侯位を得た後は、ボヘミアの王位を狙っているものとも[[噂]]された。グスタフ・アドルフが居なくなったことで、ヴァレンシュタインの存在価値は急激に失い、裏切りの可能性から皇帝に危険視されたとも言われている。
匿名利用者