「アルブレヒト・フォン・ヴァレンシュタイン」の版間の差分

編集の要約なし
[[画像:Hw-wallenstein.jpg|thumb|170px|Albrecht von Waldstein]]
'''アルブレヒト・ヴェンツェル・オイゼービウス・フォン・ヴァレンシュタイン'''('''Albrecht Wenzel Eusebius von Wallenstein''', '''Albrecht Václav Eusebius z Valdštejna''', [[1583年]][[9月24日]] [[ボヘミア]] - [[1634年]][[2月25日]] ボヘミア・[[エーガー]] Eger(現[[ヘプ]] Cheb))は、[[中世]]の[[三十年戦争]]期のボヘミア(ベーメン['''Böhmen'''])の[[傭兵]][[隊長]]である。もとの姓はヴァルトシュタイン(Waldstein)。
 
== 概要 ==
ボヘミアの[[ドイツ系]][[プロテスタント]]の小[[貴族]]の家に生まれるが、[[カトリック教会|カトリック]]に改宗して[[イタリア]]の[[パドヴァ大学]]に遊学した。
 
その後、[[スウェーデン]]軍の侵入で後任の総司令官[[ティリー伯ヨハン・セルクラエス|ティリー伯]]が戦死し、窮地に陥ったフェルディナント2世の懇願を受け復職した。このときに、[[選帝侯]]位を要求したとも言われる。
 
しかし、かつてのように自ら鍛え上げた軍団ではなく、皇帝軍という既成の組織を指揮したこともあって精彩を欠き、[[1632年]]には[[ライプツィヒ]]郊外の[[リュッツェンの戦い (1632年)|リュッツェンの戦い]]で[[スウェーデン国王]][[グスタフ2世アドルフ (スウェーデン王)|グスタフ・アドルフ]]を戦死させながらも皇帝軍は敗走し、独自に講和を結ぼうとしたことから反逆の疑いをかけられ、エーガーの居城でで皇帝軍将校に[[暗殺]]された。齢51。
 
選帝侯位を得た後は、ボヘミアの王位を狙っているものとも[[噂]]された。グスタフ・アドルフが居なくなったことで、ヴァレンシュタインの存在価値は急激に失い、裏切りの可能性から皇帝に危険視されたとも言われている。
彼を題材に[[フリードリヒ・フォン・シラー|シラー]]が書き上げた戯曲「ヴァレンシュタイン」がある。
 
 
[[画像:Ermordung-wallensteins-in-eger-anonymer-kupferstich 1-640x370.jpg|thumb|300px|暗殺されるヴァレンシュタイン。]]
== 関連 ==
*[[三十年戦争]]
*[[傭兵]]
*[[リュッツェン]]
 
==外部リンク==
匿名利用者