「実刑」の版間の差分

編集の要約なし
 
==概要==
日本の[[刑法]]で規定されている用語ではないため法的解釈は存在しないが、自由刑以外の有罪判決には用いられないのが通例である。例えば、罰金刑のみの判決では実刑判決と報道表現されることはない。
 
日本の[[刑法]]で規定されている用語ではないため厳密な法的解釈は存在しないが、裁判所で使用されており<ref>[http://www.google.co.jp/search?hl=ja&safe=off&rlz=1I7GGLL_ja&q=%E5%AE%9F%E5%88%91+site%3Acourts.go.jp&btnG=%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=lang_ja&aq=f&oq= 裁判所ドメイン内(courts.go.jp)を対象にした「実刑」のGoogle検索結果]</ref>[[俗語]]ではない。
 
執行猶予判決は猶予期間の満了によって実際に刑が執行がされない例がままみられる。そのため、執行猶予判決は一般的に罰とは考えられていない。
 
それに対し、執行猶予がつかない実刑判決は猶予期間の除外がなく、実際に刑罰を受けるという認識が浸透している。しかし、実刑判決でも[[自由刑]]の期間が短い一方で長期に渡って勾留されたために[[未決勾留日数]]が長く算入された場合や病気などで刑の執行停止となった場合などは、刑が確定した後に[[刑務所|服役]]しなくても済む場合もある。
 
==脚注==
{{脚注ヘルプ}}
<references />
 
==関連項目==
2,206

回編集