「ピクセル」の版間の差分

加筆および内容整理
m (「画素」に関連するJIS番号を追記)
(加筆および内容整理)
'''ピクセル''' ('''pixel'''、'''画素''') とは[[コンピュータ]]で画像を扱うときの最小[[単位]]で、色情報(色調や階調)を持つ'''画最小[[単位]]、最小[[要'''のこと]]。しばしばピクセルと同一の言葉として使われる''[[ドット]]''とは、後者が単なる物理的な点情報であることで区別される。例えばディスプレイにおいて320×240ピクセルの画像を100%表示すれば320×240ドットとなるが、200%表示ならば640×480ドットとなる。
 
ピクセルは、一般的に Picture(picture element (picture=[[写真]][[画像]])とCell(の意、element=要素、'''PEL''')からの造語、またはpicture cell (picture=写真・画像、cell=[[細胞]]・[[記憶素子]])からの造語[http://panda.ecs.cst.nihon-u.ac.jp/oyl/CG/yougo/yougo_ha.html#ha_gyou]。あるいは、pix(pic=写真、画像の意の複数形)element(要素)からの造語される。なお、特に[[動画]]の用語としてはペル (pel) と呼ばれることもある{{要出典}}
 
[[ファイル:Pixel-example.png|thumb|300px|ピクセルの拡大図]]
コンピュータでは連続的な値扱えないので、[[画像]]などを扱うにも[[量子化]]して扱うする必要がある。量子化の際、分割して出来たその一点を、[[日本語]]では「画素」([[日本工業規格|JIS]]では「画素」(, JIS B 3401, JIS X 0013)、[[英語]]では「pixel」(ピクセル)と呼ぶ。例えば、640×480ピクセルと表記されている場合は、その画像横640個、縦480個の点んでべて表現されていることを示している。表示装置([[ディスプレイ (コンピュータ)|ディスプレイ]])などの機器([[デバイス]])もにおいては、一般的な[[ラスタースキャン|ラスタ]]ディスプレイでは、ピクセルを単位として画像を表示している。
 
==アスペクト比==
画像におけるアスペクト比は、1画面の縦と横の比を意味する([[画面アスペクト比]]を参照)。同様に、画素におけるアスペクト比は、1画素の縦と横の比を意味する。
画像を[[次元|2次元]]平面として扱う都合上、コンピュータディスプレイではピクセルは[[四角形|正方形]]をしている。補正のための余分な演算が必要ないからである。
 
コンピュータディスプレイでのピクセルは、画像を[[次元|2次元]]平面として扱う都合上、コンピュータディスプレイではピクセルは[[四角形|正方形]]をしている。これは、補正のための余分な演算が必要ないからである。
テレビでの規格([[DVD]]ビデオの[[NTSC]]規格など)のように、ピクセルの縦横比が1:1でない場合もある。([[画面アスペクト比#DVD-Videoの画面サイズ]]を参照)<ref>テレビでは[[走査線]]数が決まっているため、高画質にするために水平解像度を増やすためである</ref>。この場合は表示時に常に補正を行っている。
 
テレビでの規格([[DVD]]ビデオの([[NTSC]]規格など)のように、ピクセルの縦横比が1:1でない場合もある。([[画面アスペクト比#DVD-Videoの画面サイズ]]を参照)<ref>テレビでは[[走査線]]数が決まっているため、高画質にするために水平解像度を増やすためである。([[画面アスペクト比#DVD-Videoの画面サイズ]]を参照)</ref>。この場合は表示時に常に補正を行っている。
 
==色==
大半のカラー画像において、一つのピクセルは、[[三原色]]の各原色([[赤]]、[[緑]]、[[青]]の[[三原色]]の)で独立した[[輝度]]から成り立って情報を有する<ref>色差情報(Cr/Cb)、輝度情報(Y)などを用る場合もある。それら詳細は[[色空間]]を参照</ref>。ピクセルにどれだけの情報量を与えるかによって、そのピクセルが表現できる色数が決まる。例として、1ピクセルに1[[ビット]]の情報しか割り当てなければい場合ピクセルは2色しか表現できない。それぞれの原色のチャンネルに8[[ビット]](256(<math>(2^8)=256</math>階調)、計[[24ビット]]の情報を割り当てれば、<math>{(2^8)}^3 = 16,777,216</math> 色が再現できる。1ピクセルあたり[[32ビット]]を割り当てる場合 色の表現(一般的24ビットを使用し残りの[[8ビッ]]を[[アルファチャンネル]]の目は750万色~1000万色程度の識別が可能である言われおりたとえばピクセル毎の透明度これ記述するため十分使用すカバーでき)
また、1ピクセルに[[32ビット]]の情報を割り当てる場合もあり、この時は色の表現に24ビットを使用し、残りの[[8ビット]]で[[アルファチャンネル]](透明度)を記述するために使用する事がある。
 
コンピュータにおいては、1ピクセルあたりに割り当てる情報量によって、16ビット(赤、青は5ビット = 32階調、緑は6ビット = 64階調) で表現する場合を「'''ハイカラー'''」([[:en:Highcolor|Highcolor]]) 、24ビット(各原色8ビット = 256諧調) で表現する場合を「'''トゥルーカラー'''」([[:en:Truecolor|Truecolor]]) と呼ぶ。
コンピュータディスプレイなどの表示デバイスで、1ピクセルを
ディスプレイなどデバイス等において[[アルファチャンネル]]は意味をなさないが、メモリアドレスの扱いが24ビットに比べて、メモリアドレスやデータの取り扱いが簡単になであることから、各ピクセルに32ビットを割り当てる場合もある(この場合は「トゥルーカラーしている場合もあ)。商業印刷用途などでは48ビット(各原色16ビット = 65,536階調) も用いられる。
16ビット(各原色5ビット = 32階調、余った1ビットは、人間の目が敏感に感知する緑に割り当てられることが多い)で表現するのは'''ハイカラー''' ([[:en:Highcolor|Highcolor]])、
24ビット(各原色8ビット = 256諧調)で表現するのは'''トゥルーカラー''' ([[:en:Truecolor|Truecolor]]) と呼ばれる。
ディスプレイなどにおいて[[アルファチャンネル]]は意味をなさないが、メモリアドレスの扱いが24ビットに比べてデータの取り扱いが簡単になることから、各ピクセルに32ビットを割り当てトゥルーカラーとしている場合もある。商業印刷用途などでは48ビット(各原色16ビット = 65,536階調)も用いられる。
 
== アンチエイリアス (Anti-alias) ==
217

回編集