「ラスチスラフ」の版間の差分

編集の要約なし
'''ラスチスラフ'''(Rastislav, ? - [[870年]])は、[[モラヴィア王国]]の第2代君主。'''ロスティスラフ'''とも表記する。
 
初代[[モイミール]]の死後、[[846年]]に王位についた。モイミールが[[カトリック教会|カトリック]]を受容する姿勢を見せたのに対して、ラスチスラフは[[東フランク王国]]との対抗上、[[第一次ブルガリア帝国|ブルガリア]]、[[東ローマ帝国|ビザンツ帝国]]などと接近した。また、カトリック化を通じて東フランク王国に従属することを懸念して、[[東ローマビザンツ帝国]]に宣教師の派遣を依頼した。これによって派遣されたのが[[キュリロス]]・[[メトディオス]]の兄弟であり、王国内における[[正教会|ギリシャ正教]]の浸透を図った。この際に布教の必要性から[[グラゴル文字]]が作成された。
 
東フランク王国と結んだ甥の[[スヴァトプルク]]によって失脚に追い込まれた。