「類 (アクセント)」の版間の差分

改名に伴う
m (「アクセント類」を「アクセント語類」へ移動: 「アクセント類」という用語は明らかに間違っているため。)
(改名に伴う)
{{告知|議論|記事名について}}
'''アクセント語類'''、または'''語類'''とは、日本語で、[[アクセント]]のパターンに応じて単語を分類したものをいう。単語のアクセントは地方によって異なるが、どの単語がどの単語と同じアクセントになるかには規則的な対応がみられる。たとえば、二拍名詞三類の「池」「花」「髪」は、東京では「い'''け'''が」「は'''な'''が」「か'''み'''が」と発音するが('''太字'''は高く発音する部分)、京都ではいずれも「'''い'''けが」「'''は'''なが」「'''か'''みが」と発音し、高く発音する位置が変わってもグループそのものは変化しない。
 
現代の東京においては、二拍名詞のアクセントパターンは3種類しかないが、アクセント類は一類から五類まである。これは、アクセント類が、[[院政]]時代の京都のアクセントを元に分類されたものだからである。院政時代の京都の二拍名詞のアクセントは、一類が高高、ニ類が高低、三類が低低、四類が低高、五類が低降であり、五種類のアクセントパターンがあった。また、動詞と形容詞は拍数に関わらず二つの類に分けられていた。しかしその後、これらのアクセント類は、いくつかの類の区別がなくなっていき、複数の類のアクセントが同じになるという現象が起きた。二拍名詞では、京都では二類と三類がともに高低となり4種類のアクセントパターンとなり、[[東京式アクセント]]では3種類のアクセントパターンとなった。また、三拍以上の動詞・形容詞では、現代京都を中心に一類・二類の区別が失われてきている。東京式のアクセントは京阪式と大きく異なるが、どの類にどの単語が属するかは京阪式と東京式に共通のものである。
== 補足 ==
語のアクセントは[[助詞]](「が」「に」「を」など)が付いた形で考える必要がある。つまり、東京式アクセントでは「鼻」と「花」はどちらも「は'''な'''」と発音され、一見すると区別がないようにも見えるが、助詞を付けて考えると「(鼻)は'''なが'''」、「(花)は'''な'''が」と発音され区別がある。京阪式アクセントでは、助詞を付けると[[自立語]]部分のアクセントまで変わることがある。東京式アクセントは、名詞のアクセントパターンを元に内輪型、中輪型(東京がこれにあたる)、外輪型に分けられる。
 
 
以下、アクセント類の分類と、例として現代の京都・東京のアクセントを示す。東京式では語頭の高低の区別がないので、以下で「低高高」「低高低」などと書かれていても文中ではそれぞれ「高高高」「高高低」と発音されることがある。
()内は助詞。
== 名詞 ==
 
{{Language-stub}}
{{DEFAULTSORT:あくせんとるい}}
[[Category:日本語の音韻]]
[[category:日本語研究]]