メインメニューを開く

差分

発売自体は1960年であったが、[[日本放送協会|NHK]]『[[NHK紅白歌合戦|紅白歌合戦]]』で初披露されたのは[[1962年]]の[[第13回NHK紅白歌合戦|第13回紅白]]。歌う順番がトリのひとり前という、華々しい位置であった<ref>対戦相手は[[フランク永井]]。トリは白組が[[三橋美智也]]、紅組は[[島倉千代子]]。</ref>。なお、紅白には前年の[[第12回NHK紅白歌合戦|第12回紅白]]に「[[コーヒールンバ]]」で初出場を果たしている<ref>映像は第12回紅白・第13回紅白のどちらも現存しない。資料写真のみ存在する。ちなみに、西田の現存する最古の紅白出演映像は「[[エリカの花散るとき]]」を歌った[[1963年]]の[[第14回NHK紅白歌合戦|第14回紅白]]。</ref>。紅白と並び[[年末年始#主なイベント|年末]]の[[風物詩]]である『[[日本レコード大賞]]』では、1962年の「[[第4回日本レコード大賞|第4回輝く!日本レコード大賞]]」においてロング・セールスが評価され、「特別賞」が授与された。
NHK紅白では、20回目の記念放送となった[[1969年]]の[[第20回NHK紅白歌合戦|第20回紅白]]でも披露された。1962年に出場した際の歌唱映像は現存していないため、存在するのはこちらのみである([[モノクローム|モノクロ]]映像)。[[民間放送]]で同曲を歌う西田佐知子の映像が流れる場合、この第20回紅白の歌唱映像が貸し出されて流れる事がある。カラー映像は、1968年12月27日に[[東京放送TBSテレビ|TBS]]系で放送された「日本レコード大賞10周年[[特別番組]]」に出演した時の物と、[[1975年]]にNHKの番組<!--(『思い出のメロディー』?)-->に出演した時の物が現存している(どちらもビデオ映像)。
[[1963年]]には、[[浅丘ルリ子]]主演、[[高橋英樹 (俳優)|高橋英樹]]が相手役で西田本人も出演した歌謡映画『アカシアの雨がやむとき』が封切られた。[[2002年]]の年末、[[NHK衛星第2テレビジョン|NHK BS2]]で放送された『[[あなたが選ぶ思い出の紅白・感動の紅白|あなたが選ぶ 思い出の紅白感動の名場面]]』において、[[ビデオテープレコーダ|VTR]]出演した浅丘が「もう一度聴きたい曲」としてこの曲を挙げ、第20回紅白の映像がオンエアされた。ちなみに、この1969年は審査員で浅丘も出演していた。西田と浅丘は互いの独身時代、大変親しかったことでも知られている。
33,981

回編集