「増田盛次」の版間の差分

しかし豊臣恩顧としての心情から城方が勝つと笑い、寄せ手が勝つと苦い顔をしていたという。このことが冬の陣後家康の耳に達し「流石増田の子」と称賛される。その後主君義直の了解を得て尾張家を離れ、父長盛とも相談の上[[大坂城]]に入城する。家康は長盛の監視をゆるやかにするようにと言ったと伝わる(「[[駿河土産]]」巻三)。
慶長20年([[1615年]])5月6日、[[長宗我部盛親]]隊に属し八尾に進軍。徳川方の[[藤堂高虎]]隊と交戦する。当初は優勢であったが、その後形勢は徐々に逆転し、長宗我部隊は撤退を余儀なくされた。盛次が[[殿 (軍事用語)|殿軍]]を務めたが、藤堂隊の追撃は激しく、藤堂家臣の[[磯野行尚]]([[浅井氏|浅井家]]に仕えた[[磯野員昌]]の孫)に討ち取られた。[[享年]]不詳。その討死は「はれなる」と称された(同上)。盛次の死後、長盛は家康より死罪とされたとも、自ら切腹したともいう。
== 逸話 ==
 
*父長盛の家臣であった[[渡辺了|渡辺勘兵衛]]に槍術を学んだと言われる。
 
{{DEFAULTSORT:ました もりつく}}