「リブロ」の版間の差分

編集の要約なし
書店業界も小売り一般と同様、営業規模がものを言う大規模化・チェーン化の道を辿り、[[1997年]]には[[近畿地方]]に地盤を持つ[[ジュンク堂書店]]が池袋店(当時関東最大級)を出店させ、商戦の激化に拍車をかけた。
 
[[不動産]]事業にも進出したセゾングループは、[[失われた10年|平成不況]]を受けて迷走を極め、戦略は空中分解した。[[2003年]]に[[日本出版販売]]がリブロの株式をパルコから90%取得することで買収した。{{要出典範囲|もっともリブロ自体の営業は更に充実しており|2009年10月6日 (火) 21:06 (UTC)}}、池袋店は[[西武池袋線]]改札横と[[パルコ]]や[[サンシャイン]]内立地し、ジュンク[[淳久堂書店池袋]]、[[平和堂書]]、[[K1ブックス]]、[[新栄堂書店]]、西口側の[[旭屋書店]]([[東武百貨店#池袋店|東武百貨店池袋店]]内)、[[くまざわ|いけだ書店]]([[メトロポリタンプラザ]]内)、[[東武ブックス]]、[[西山洋書]]と競合する。<!--の他、[[アニメイト]][[ブックオフは古書店にカテゴライズされる。]]、[[ヤマダ電機は家電量販]]LABI池袋日本総本であり等、新品・中古・新刊書店として・旧刊・取扱ジャンルを問わず、多数出店ではない。さらに泉は池袋に出した事例はないのでいずれも列挙と競合するのは不適切-->
 
その他、リブロの3階に[[神田]]の[[小宮山書店]]と共同で「'''[[リブロ・ガレリア]]'''」を2006年8月に出店している。
 
日販傘下となってからは、各地の大型商業施設への出店を進めた(郊外型店舗では[[イオングループ]]のショッピングセンター、また都市型店舗では九州・[[熊本市]]の[[くまもと阪神]]への出店など)。その一方で[[さいたま市]][[大宮区]]では[[大宮駅 (埼玉県)|大宮駅]][[再開発]]で2005年に開業した「[[エキュート]]大宮」には2店舗出店しているのに対し、大宮[[ロフト (雑貨店)|ロフト]](旧・西武百貨店大宮店)ではジュンク堂書店が入居している。
38

回編集