「がんもどき」の版間の差分

出典が一切ない
(「がんもどき」の”がん”は、悪性腫瘍を指すものではない。)
(出典が一切ない)
{{独自研究}}
[[Image:Ganmodoki.jpg|thumb|200px|right|がんもどき]]
'''がんもどき'''は、[[豆腐]]の[[食品#加工食品|加工品]]のひとつ。略して'''がんも'''ともいう。雁擬きと字をあてることもある。
 
水気をしぼった豆腐に、すった[[ヤマノイモ|ヤマイモ]]、[[ニンジン]]、[[ゴボウ]]、[[シイタケ]]、[[コンブ]]、[[ギンナン]]などを混ぜ合わせて丸く成型し、油で[[揚げ]]たもの。[[おでん]]や[[煮物]]に用いられることが多い。
 
== 概要 ==
[[Image:Ganmodoki by eiko eiko.jpg|190px|thumb|left|煮付け]]
もともとは[[精進料理]]([[もどき料理]])で[[肉]]の[[コピー食品|代用品]]として作られた。名前の由来については諸説あり、最も知られているのは[[雁]]の肉に味を似せたとされることから「がんもどき」だという説である。他にも、鳥類の肉のすり身を[[鶏卵]]大に丸めて煮たり蒸したりする料理「[[つくね|丸(がん)]]」に似せて作った説や、がんもどきの中に[[きくらげ]]ではなく安物の[[昆布]]で代用したら丸めた形の表面に糸昆布が現れて、その様子が雁が飛んでいるかのように見えたため、などの説が存在する。{{要出典}}
 
{{要出典範囲|関西では'''飛竜頭'''(ひりゅうず、ひりうず、ひろうす、ひりょうず)と呼ばれる。ヒロウスとは[[ポルトガル語]]のフィリョース(filhos、小麦粉と卵を混ぜ合わせて油で揚げたお菓子)が語源といわれる。
[[江戸時代]]の終わりまでは、[[こんにゃく]]を油で炒めた料理をがんもどきといった。}}
 
{{Commonscat|Ganmodoki}}
匿名利用者