「シーフ」の版間の差分

FFwo
(FFwo)
'''シーフ''' (''<span lang="en" xml:lang="en">thief</span>'') とは、本来は「[[泥棒]]」「盗人」の意味であるが、この項では[[ロールプレイングゲーム]]などのフィクションに登場する、歴史上の[[盗賊]]や[[暗殺|暗殺者]]をモデルにした[[プレイヤーキャラクター]]の[[キャラクタークラス|クラス]]について述べる。'''ローグ''' (''<span lang="en" xml:lang="en">rogue</span>'') 、'''バーグラー''' (''<span lang="en" xml:lang="en">burglar</span>'') などと呼ばれるクラスもシーフに類する。
 
作品によって、あるいは敵か味方によってイメージが大きく異なるのが特徴で、味方の場合は映画『[[インディ・ジョーンズ]]』のような[[探検家]]や、[[石川五右衛門]]のような[[義賊]]をモデルにしており、敵役の場合は『[[アリババ|アリババと40人の盗賊]]』等の中東の盗賊団や[[マフィア]]的な暗殺者をモデルにする事が多い。また最近では盗賊と言う響きの悪さからシ== コンピュフという語を廃し、「〜〜ハン(狩人は無い。[[トレジャーハンター]]等)」「[[レンジャー]]」といった表記をする作品も増えている。最早シーフという言葉は完全に独の在歩きした[[アンチヒーロー]]の代名詞と言って差し支えなく、本来の意味をやや失っていると言えるだろう。方 ==
 
== コンピュータゲームでのシーフの在り方 ==
=== プレイヤー側の場合 ===
==== ゲーム上の役割 ====
コンピュータゲームにおける[[キャラクタークラス]](ゲーム内の役割)としてのシーフの成立は、[[テーブルトークRPG]]の元祖である『[[ダンジョンズ&ドラゴンズ|D&D]]』までさかのぼる。『D&D』のシーフは、肉体的な能力はファイター([[戦士]])に及ばず、武装も制限される代わりに、ダンジョン内に仕掛けられた[[罠]]の発見・解除、隠し扉の発見、鍵開け、聞き耳を立てて[[怪物|モンスター]]の気配を探る、身を隠して背後から敵を襲うといった数々の特殊能力を持っており、危険な[[ダンジョン]]には欠かせない存在となっている。戦闘ではあまり役に立たないが機転を利かせて立ち回ることのできる、通好みのクラスである。この傾向は、細かい差異は多々あるものの、他の様々なテーブルトークRPGにおおむね受け継がれている。
 
[[コンピュータRPG]]の元祖のひとつである『[[ウィザードリィ]]』は、『D&D』のコンピュータ上での再現というコンセプトで開発されており、ファイターやクレリック([[神官|僧侶]]、プリースト)等と同様にシーフも移入され、これがコンピュータRPGにシーフが初めて登場する作品となる。だが、シーフはその能力を大きく制限されることとなる。『ウィザードリィ』の初期シリーズでシーフに許されていたのは、わずかに宝箱の罠の種類を判別することと、それを解除することのみであった。戦闘がゲームの中心となるコンピュータRPGにおいて、『D&D』的なシーフの役立つ局面は限られた。それでも、役立つアイテムを手に入れる唯一の手段が宝箱である以上シーフをパーティに組み入れる必要はあり、存在意義を失うことはなかった。
 
『ウィザードリィ』の後のシリーズでは、鍵開けの能力や[[ノンプレイヤーキャラクター|NPC]]から[[スリ]]を働く能力など、本来のシーフの能力を再現する方向で追加がなされている。一方で[[ファイナルファンタジーシリーズ|『ファイナルファンタジー』シリーズ]]をはじめとする日本製コンピュータRPGでは、特殊技能を駆使する軽戦士として時には重戦士を上回る戦闘力を発揮したり、あるいは『[[ファイナルファンタジーIII]]』シーフに「ぬすむ」、同『[[ファイナルファンタジーV|V]]』に「ぶんどる」という能力側面与えられたのをきっかけに、モンスターからアイテムを奪う能力を個性として強調していくことになされる。
 
==== シーフの上位クラス ====
 
このようにアジア圏では上記の伝統から忍者やアサシンが上位クラスに選ばれる事が多かったが、北米産[[オンラインゲーム]]『[[エバークエスト]]』ではローグ(シーフ)というアーキタイプ(原型職)の上にブリガンドとスワッシュバックラーという上位クラスが存在する。こちらは厳密な意味で別クラスである忍者や暗殺者と違い、あくまで略奪者と窃盗犯というシーフのイメージを厳守した互換クラスになっている。
 
==== 物語上の役割 ====
戦闘をゲームの中心とするコンピュータRPGでは、もっとも活躍する戦士系のキャラクターが主役に据えられることがほとんどで、シーフは個性豊かな脇役の一人として配置されることが多い。だが、コンピュータRPGにおけるストーリーの比重が大きくなるにつれて戦闘における役割分担は明確でなくなる傾向にあり、それに伴いシーフが主役を張る作品も増えつつある。『ファイナルファンタジー』シリーズでは、『[[ファイナルファンタジーVI|VI]]』で主役級のキャラクターの一人にシーフ系のキャラクターが登場し、『[[ファイナルファンタジーIX|IX]]』ではシーフが明確な主人公として登場、『[[ファイナルファンタジーX-2|X-2]]』の主人公は[[怪盗]]としてシーフと行動し、『[[ファイナルファンタジーXII|XII]]』の主人公は空賊(架空のシーフ)を目指す[[スリ]]である。
 
主人公として登場するシーフの場合、設定上シーフとされていても物語上で盗みを働く事はほとんどなく、[[アウトロー]]的なスタンスを取っていることが多い。稀に[[ファーストパーソン・シューティングゲーム|FPS]]『[[Thief]]』のように窃盗を目的とする主人公もいるが、その場合は大富豪もしくは悪人を標的とする[[義賊]]的側面が付加されることが大半である。
 
=== 敵の場合 ===
コンピュータRPGでは[[雑魚キャラ|雑魚モンスター]]の一種として登場する事が多く、ストーリーに絡むとしても噛ませ犬程度の扱いが圧倒的に多い(『[[ドラゴンクエストIII そして伝説へ…]]』の[[カンダタ]]等)。盗賊団という設定であっても多くの財宝を持っているようなことはなく、倒すことで得られる金品もさほど高価でない。スリや侵入などの技術について訓練を受けたシーフとは違い、旅人や近隣の村を襲って強盗を働くような技術を伴わない犯罪行為を主とし、職業は盗賊であるがキャラクタークラスはむしろ戦士に近い。
 
=== 女性シーフの姿 ===
コンピュータゲームで描かれる女性シーフは、歴史上のシーフとは異なりビキニや[[ホットパンツ]]など不自然なまでに軽装で露出度の高い姿に描かれる傾向がある。このようなビジュアル傾向は、女戦士の[[ビキニアーマー]]同様に[[アメコミ]]の影響であるという説もある。1990年代の[[テーブルトークRPG]]や[[富士見書房]]系[[ライトノベル]]で流行したこの伝統は完全にスタンダードとなり、2000年代に入るとシーフに最も適した種族が「[[猫耳]]少女」というトレンドも『[[ウィザードリィ|ウィザードリィ エクス〜無限の学徒〜]]』や『ファイナルファンタジーXI』等に見られる。こういった[[おたく]]文化は決してマイノリティというわけではなく、[[リアルマネートレーディング|リアルマネートレード]]を扱った団体『ミスラシーフのギル販売所』でも煽情的に肌を露出した女性シーフがイメージキャラクターに使われるなど[[ステレオタイプ]]化している。
 
== シーフの能力 ==
=== 特殊能力 ===
戦闘がゲームの中心になるコンピュータRPGでは、テーブルトークRPGで見られる各種の能力を限定的に、あるいは形を変えて再現している。例えば、『[[ファイナルファンタジーV]]』ではパーティにシーフが1人以上いると、[[エンカウント|ランダムエンカウンター]]で不意打ちを一切受けなくなる(警戒、聞き耳といった能力の再現)、隠し通路が見えるようになる(隠し扉を発見する能力の再現)などの特典を受けられる。こういった能力のため、戦闘能力を犠牲にしてもシーフをパーティに組み入れるという選択肢がプレイヤーにとって考慮すべきものとなる。
 
=== 主人公のシーフ ===
シーフがゲームの主人公である場合は上述した武装の制限や能力値の偏りは当てはまらない。例えば『ファイナルファンタジーIX』では、主人公のジタンは生い立ちが特殊なため各種の超能力が使えるほか、装備にも強力なものが多数用意されている。能力値についても、素早さの高さはそのままに他の能力も平均以上である。その他主人公がシーフであるゲームの多くでは、主人公専用のゲーム内最強武器が用意されているなど優遇されており、防具の装備制限も特にないことが多い。
 
このような場合、主人公は[[アンチヒーロー]]的側面の補強としてシーフという「記号」を付与されているにすぎず、キャラクタークラスとしてのシーフの性格はほぼ省かれている。
 
== シーフが登場するコンピュータゲーム ==
13,783

回編集