「クイックモーション」の版間の差分

(表現を修正。歴史節を作成他)
クイックモーションは1970年代前半に[[福岡ソフトバンクホークス|南海ホークス]]の[[選手兼任監督]]だった[[野村克也]]が[[日本プロ野球]]最多となる通算1065盗塁の記録を持つ[[オリックス・バファローズ|阪急ブレーブス]]の[[福本豊]]の盗塁を阻止するために考案した。
 
野村は福本の盗塁を阻止するために「[[トラッシュ・トーク|ささやき戦術]]」「[[牽制球]]で悪[[送球]]させ、わざと進塁させて二塁で[[刺]]する」「牽制球で福本の脚にぶつける」「二死時に投手である前[[打者]]<ref>パ・リーグに[[指名打者]]制度が採用されたのは1975年以降で、当時は採用前だった。</ref>を[[出塁]]させる」など、様々な案を考えたがどれも長続きせず、すぐに通用しなくなってしまった。
 
当時の野村には「盗塁阻止3秒説」という持論があり、投手がモーションに入ってから[[捕手]]の[[ミット]]に届くまでに約1.1秒、二塁に送球して[[走者]]にタッチするまでの時間を約1.8秒とし、合計約3秒で送球すれば盗塁した走者(福本)を刺せると考えていた。なお、当時の野村は現役晩年に差し掛かっており肩が衰えていた。
匿名利用者