「韻鏡」の版間の差分

http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E9%9F%BB%E9%8F%A1&action=submit
m (ロボットによる 追加: en:Yunjing)
(http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E9%9F%BB%E9%8F%A1&action=submit)
== 形式 ==
[[画像:yunjing.jpg|600px|left]]<br style="clear: both;"/>
『韻鏡』では『[[広韻]]』の206[[韻]]がのちに大きく[[十六摂]]にまとめられるよう配されており、それが[[韻頭]]の違い「[[等呼|呼]]」(開口呼と合口呼)などにより第一転から第四十三転までの43枚に分けられている。その内訳は通摂(2転)・江摂(1転)・止摂(7転)・遇摂(2転)・蟹摂(4転)・臻摂(4転)・山摂(4転)・效摂(2転)・果摂(2転)・仮摂(2転)・宕摂(2転)・梗摂(4転)・流摂(2転)・深摂(1転)・咸摂(3転)・曾摂(2転)である。1枚の転図は[[内外転]]および呼によって、右端に例えば「内転第一開」のように表題が示される。また横軸には[[声母]](頭子音)が[[五音|七音]]によって分けられ、さらに細かく[[清濁]]4類に分けられており、縦軸には[[韻母|韻]](主母音+韻尾/声調)が平上去入の[[四声]]によって分けられて『[[広韻]]』の韻目で示され、さらに細かく[[四等]]によって分けられている。その内部に『広韻』の小韻代表字が置かれ、その位置によって発音が示されている。また存在しない音節は円が示されている。
 
[[Category:中国音韻学|いんきよう]]
匿名利用者