「KML」の版間の差分

改名に伴う整理
m
(改名に伴う整理)
'''KML'''(けいえむえる、'''K'''eyhole '''M'''arkup '''L'''anguage)は、アプリケーション・プログラムにおける三次元[[地理空間情報]]の表示を管理するために開発された、[[Extensible Markup Language|XML]]ベースの[[マークアップ言語]]である(''Keyhole''という語。2008年4月にKML2.2版は、後にそのまま[[GoogleOpen EarthGeospatial Consortium, Inc]] (OGC) なるソフトウェアの旧名である。このソフトウェアは元々いう[[Keyhole社地理情報システム]]によって開発されたが、2004年に[[Googleオープンソース]]化を目指す団体の規格買収された。"Keyhole"OGC KMLいう語は、実際には30年前に開発さして取り入れられた元祖「宇宙の眼」の軍事偵察システムである<ref>[[偵察衛星]][[コロナhttp://www.opengeospatial.org/standards/kml/ (人工衛星)|KHOGC KML]]に因む)</ref>
 
KMLという名称は、もともと'''Keyhole Markup Language'''の[[頭字語]]として作り出された。Keyholeというのは現在[[Google Earth]]として知られているソフトウェアの旧名であり、さらに元を辿ればこの単語が[[偵察衛星]][[コロナ (人工衛星)|コロナ]]の型名(KH)の由来であったことに因む。しかしこの書き出し語は、OGCに採用された時点で旧称という扱いになった。
2008年4月にKML2.2版は、そのまま[[Open Geospatial Consortium, Inc]] (OGC) という[[地理情報システム]]の[[オープンソース]]化を目指す団体の規格にOGC KMLとして取り入れられた<ref>[http://www.opengeospatial.org/standards/kml/ OGC KML]</ref>。この時点でKMLは何か他の語の略語ではないものとされ、Keyhole Markup Language は旧称との扱いとなった。
 
== KML文書 ==