「ポリアクリルアミドゲル電気泳動」の版間の差分

m
+: de
m (+: de)
多種類の蛋白質の分析によく用いられる[[二次元電気泳動]]は、1次元目で細長いゲルを用いた等電点電気泳動を行い、それを2次元目のSDS-PAGEで更に分離するのが通常の方法である。
 
[[de:SDS-PAGE]]
 
[[en:SDS-PAGE]]
62,338

回編集