「NEEDLESS」の版間の差分

::*テンペストスレッド
::*リトルボーイ
::*VSI(ヴァルカンショックイグニション(VSI)
::*ディーンドライブF・H(フォックスハウンド)
::*ディーンドライブB・B(ブラックバード)
::* カンダタストリング イン ヴァルカンショックイグニション - ヴァルカンショックイグニションの中にカンダタストリング鋼鉄斬糸を仕込む技。炎を囮にして敵を確実に捕らえる。
::*ジャイルグラビテイション+マグネティックワールド - 強力な重力と磁力で敵を吹き飛ばす技。
::*特攻・VS(ヴァルカンショック)・リトルボーイ - アルカの『炎神の息吹』の熱を左天の『第四波動』で吸収することにより生まれた絶大な力を、VSIヴァルカンショックイグニションに変換、自らの体に纏ってリトルボーイで特攻を掛ける荒技。最下級の能力ながら、威力はアルカすら凌ぐ。
;イヴ・ノイシュヴァンシュタイン
:声:[[斎藤千和]] / [[喜多村英梨]]
:S33地区の教会に住む少女。ブレイドの相棒。ブレイド以上に乱暴で豪放磊落。年齢不詳。身長155cm。髪色は[[黒]]。一人称は「[[ボクっ娘|ボクぼく]]」。
:記憶能力が著しく低いため、人の名前を全然覚えられず、勝手に変な略称をつける癖がある(ただし、ブレイドやアークライトなど重要な名前は覚えている)。ブレイドに気があるのかどうかは今の所不明。露出度の高い服を着ている(とくに下半身は[[褌]])が、別に羞恥心がない訳ではなくこれが最も動きやすいため。能力維持のため、1本5000キロ[[カロリー]]を誇るゲテモノドリンク『スーパーゲル状デロドロンドリンク』を愛飲している。クルスを最もこき使う存在で、その態度にクルス自身も畏怖しているが、クルスの知力を激励したり、アルカに変身してクルスを慰めたりと彼に対して優しさと信頼を持つ。
:ブレイドと同じく、敵に止めを刺した時は『判決・死刑!!』と言う。
;セト
:声:- / [[福原香織]]
:揉め事を有料で解決する『ギルド』所属の少女。過去にブレイドと旅をしていたことがある。17歳。身長157cm。髪色は[[金髪|ブロンド]]。髪型は[[ポニーテール]]。一人称はイヴと同じく「ぼく」。
:初出は『NEEDLESS ZERO』の「NEEDLESS/死神の聖剣」。当時はブレイドと組んで旅をしていた。なお、『BLACK SPOT』に登場するセトとは同名だが無関係である<ref name="needless5">[http://imaikami.cool.ne.jp/needless5.html 今井神公式サイト imaikami's web site「『NEEDLESS』アーカイブス<後編>」(白砂村新聞2004/01/15再録)]</ref><ref name="sinigami1"/>。
:アークライトと戦うためブレイドに呼ばれた。かなりの守銭奴のため、金銭面にはシビアで、割に合わない仕事は受けない主義。柄が髑髏になっている『死神の聖剣』を持っており、戦闘でもそれを武器にして戦う。なお、剣自体は大して切れ味のないナマクラで、相手に恐怖感を与えるために使用する。ちなみに聖剣の正しい名前は「聖剣・エクスカリ棒」とかなりいい加減な名前である。ただし剣はアルカとの戦いで溶かされ失われた。かつて敵として立ちはだかったはずのソルヴァの「BSを支配する」という野望に共感しており、彼女とのコンビーネーションは抜群である。
:;F:PF・ZERO(ポジティブフィードバック・ゼロ)
::アダムシリーズの真の能力。自分の受けた技や能力を増幅して返すことが可能でブレイドの『ZERO』を遥かに上回る威力を発揮する。少女部隊や部下たちの能力も覚えているようである。能力の合成も可能だが、劇中では1度しか使っていない。
::確認されている使用可能な能力は、念動力、炎、力、速、鋼鉄斬糸、第四波動、炎神の息吹。他にも大勢のニードレスと戦い、捕食した者も多いためより多くの能力を覚えている可能性がある
::*ヴァルカンショックイグニション
::*リトルボーイ
::*惑星砕き - 『力』の能力で敵を殴り飛ばす。
::*エデンズシード ‐ 自己の中で極限まで増幅させた『ZERO』を解き放つことで小規模なビッグバンを起こす。
::*ディーンドライブF・H(フォックスハウンド) プラス ヒート・エクスプロージョン ‐ マッハ2のスピードで超高温の拳を連続で叩き込む。
:;F:変身(ドッペルゲンガー)
::効果はイヴのものと近いと思われる。上記の他人を捕食する能力、自己回復能力も、これが作用している。他の能力と異なり、先天的に所有していたようで、過去編で使用したほか、ブレイド戦での逆拒絶反応でも封印されることはなかった。なお、原作では未完成であったはずのドッペルゲンガーらしき能力を使っているとだけ言及されており、ドッペルゲンガーであると明言されるのはアニメ版のみである。
匿名利用者