「枯草菌」の版間の差分

m
編集の要約なし
m編集の要約なし
m編集の要約なし
}}
 
'''枯草菌'''('''こそうきん''')は、自然界に普遍的に存在する[[真正細菌]]の一種。学名は''Bacillus subtilis''(本来[[ラテン語]]ではバルス・スプティーリス(細い小さな棒)だが、通常バチルス・サブティリス<ref name="TTM2007">日本細菌学会用語委員会編『微生物学用語集 英和・和英』南山堂、2007</ref>または、バシラス・サチリス<ref name="TTM1985">日本細菌学会用語委員会編『英和・和英微生物学用語集』第3版、菜根出版、1985</ref>が使用される)。0.7-0.8 x 2-3 &micro;mの大きさの[[好気性生物|好気性]]のグラム陽性桿菌で、[[芽胞]]を形成する。
 
土壌中や、空気中に飛散している常在細菌(空中雑菌)の一つで、枯れた草の表面などからも分離されることが多いためにその名が付けられた。[[芽胞]]を作ることによって熱や消毒薬などに対する耐久性を示すため、[[培地]]や食品の汚染([[コンタミネーション]])の原因になることがあるが、ヒトに対する病原性を持たないため、医学上問題視されることは少ない。