メインメニューを開く

差分

職業

1 バイト除去, 9 年前
編集の要約なし
{{Otheruses||中学校の旧学習指導要領にあった教科|職業 (教科)}}
'''職業'''(しょくぎょう)とは、日常的に従事する[[業務]]や[[労働]]のこと。
 
'''職'''、'''生業'''、'''[[仕事]]'''などともいう。なお、職業に就くことを'''就職'''、'''就労'''という。
 
ただし、一般に、[[アルバイト]]や[[パートタイム]]など、短時間かつ短期間で[[生活]]を支えるに足る特殊な[[技能]]や専門性を必要としないものは含めない。
職業の目的は人それぞれではあるが、ほとんどの場合、生計を立てるため、つまり[[金銭]] ([[被雇用者]]の場合は[[給与]]、[[個人事業主]](自営業)の場合は[[利益]] ) を得るためになされている。
 
'''職'''、'''生業'''、'''[[仕事]]'''などともいう。なお、職業に就くことを'''就職'''、'''就労'''という。
==歴史==
[[人間]]の[[社会]]の中では、まず[[食料]]の収集、[[栽培]]、収穫に携わる、[[狩猟]]、[[農業]]、[[漁業]]といった'''[[第一次産業]]'''が職業として誕生し、そして食品の加工から、その[[運送|運搬]]、[[交換]]として経済活動に関係した職業が始まり、工場制手工業などの[[産業革命]]により、工場労働、[[管理職|労働管理]]といった新たな職業('''[[第二次産業]]''')が近代の職業を彩った。
5

回編集