「宮本文昭」の版間の差分

日本でのデビューは[[1972年]]末に行った、クラリネットの[[村井祐児]]その他のグループでの室内楽演奏会。翌[[1973年]]夏に初のリサイタルを行い、その後ドイツ在任中も頻繁に日本でのリサイタル、室内楽、ポップ・ライヴなどを続けた。[[サイトウ・キネン・オーケストラ]]の主要メンバーでもあった。
 
[[連続テレビ小説|NHK朝の連続テレビ小説]]『[[あすか (朝ドラ)|あすか]]』のテーマ曲「風笛(かざぶえ)」の演奏や、数々の[[コマーシャルメッセージ|CM]]曲の演奏、CM出演でも有名。[[ソニークラシカル]]他より25枚以上のアルバムをリリースしており、しかもその半分以上は純粋なクラシックではなく、ヒーリングミュージックに近いものであり、他の奏者とは一線を画している
 
CMでは、[[1989年]]、[[日本たばこ産業|JT(日本たばこ産業)]]の「[[ピース (タバコ)|ピース]]・インターナショナル」のイメージキャラクターを務めた。その際、CM曲として「ボヘミアン・ダンス」(原曲は、[[クロード・ドビュッシー|ドビュッシー]]「ボヘミア舞曲」)、「メディテイション」(原曲は、[[ジュール・マスネ|マスネ]]「[[タイスの瞑想曲]]」)の演奏を手掛けた。
匿名利用者