メインメニューを開く

差分

lk、元号、微加筆微修正
 
==概要==
大きさ規模は、全長96メートル、後円部直径62メートル、後方部高さ10メートル、前方部長さ34メートル、前方部巾32メートル、前方部高さ約5メートルで山形県では最大規模を有し、東北では5番目の大きさの[[前方後円]]墳である(2008年5月現在)。周壕はめぐらしていない。もともと存在した自然丘を削り出して造られており、後円部が三段築成、前方部が一段築成である。
 
造られた時期は、出土[[遺物]]と築造方法などから推定すると、[[4世紀]]後半から[[5世紀]]初頭と考えられる。
 
[[昭和1980年]]55年([[1980年昭和]]55年)には、国の[[史跡]]に指定された(指定地面積、10,182.7平方メートル)。その後の昭和62([[1987年]])と昭和6362)と[[19871988年]](昭和63年)の[[発掘調査]]では、被葬者の埋葬施設には[[石室]]が存在しないことがわかり、このことから[[木棺]]を直接埋葬したもの(木棺直葬)と考えられた。また、高坏形[[土師器]]と、底部穿孔土師器という珍しい[[土器]]も出土したが、[[埴輪]]や[[葺石]]等は確認されていない。
 
宮城県名取市の大塚山古墳や[[宮城県]][[色麻町]]の念南寺古墳、[[福島県]][[浪江町]][[堂の森古墳]]などと計測上同一タイプの古墳であり、これらの古墳の影響を受けたものとみられている。また、[[宮城県]]名取市に所在する[[東北地方]]最大の前方後円墳[[雷神山古墳]]を築造した豪族との同盟関係によって造られたものであと考えられ<ref>誉田慶喜「山形の夜明け」28-29ページ(横山昭男・誉田慶信・伊藤清郎・渡辺信『山形県の歴史』山川出版社 2003年2月)</ref>
 
現在は史跡公園として整備されている。
 
== 脚注 ==
{{脚注ヘルプ}}
{{Reflist}}
 
10,501

回編集