「水熱源ヒートポンプパッケージ方式」の版間の差分

方式の特徴・適合する用途
m (水冷エアコン を 水熱源ヒートポンプパッケージ方式 へ移動)
(方式の特徴・適合する用途)
'''水熱源ヒートポンプパッケージ方式'''(みずねつげんひーとぽんぷぱっけーじほうしき)は、[[水]]を熱源とするヒートポンプパッケージ[[エア・コンディショナー|エアコン]]を必要な場所に分散配置する[[空気調和設備|空調設備]]方式である。屋外の[[冷却塔]]・[[井戸]]・[[河川]]などの[[水]]を必要場所に搬送し熱源に用いる。水源及び冷却塔の確保が難しい市街地のビルなどでは、[[地下]]に冷却水槽を設置する場合もある。
'''水冷式エア・コンディショナー'''('''水冷エアコン''')は冷却水によって熱を輸送する方式の[[エア・コンディショナー]]である。
[[冷風扇]]は、同じく水を冷却媒体として使うため、水冷エアコンと混同されやすいが、原理が異なる別物である点に注意。
 
自動車に用いられる水冷エンジンのラジエーターや、コンピュータに用いられる水冷ユニットと、熱輸送部分は同じ構成である。[[冷風扇]]は、同じく水を冷却媒体として使うため、水冷エアコンと混同されやすいが、原理が異なる別物である点に注意。
主に大型エアコンに用いられる方式であり、屋外の冷却塔・井戸・河川などの水を熱媒に用いる。
水源及び冷却塔の確保が難しい市街地のビルなどでは、地下に冷却水槽を設置する場合もある。
 
==特徴==
自動車に用いられる水冷エンジンのラジエーターや、コンピュータに用いられる水冷ユニットと、ほぼ同じ原理である。
次のような利点・欠点があるので、適合する用途は限られる。
 
利点
冷却水の管理が煩雑な為、水冷式のエアコンは少なくなっていく傾向にあるが、[[データセンター]]などの安定した高い冷却効率を必要とする場所では今なお健在である。
*個別制御性に優れる。
*[[冷房]]・[[暖房]]が混在する場合、熱回収運転となり[[省エネルギー]]である。
*空気熱源のものに比べて、効率が良い。
*増設が容易である。
 
欠点
==冷房用機器==
*冷却水の管理が煩雑である。
*[[エア・コンディショナー]]
*水[[配管]]の敷設に費用がかかる。また、破損時に水損の恐れがある。
*[[扇風機]]
*空調場所に[[圧縮機]]があるので騒音が大きい。
*[[冷風機]]
*圧縮機を多数・分散配置するため、整備の手間が大きくなる。
*[[冷風扇]]
*[[換気]]に[[全熱交換器]]・[[換気扇]]などの別の機器が必要である。
 
==用途==
主に大規模[[建築物]]に用いられる方式であり、冷却水の管理が煩雑な為、少なくなっていく傾向にある。次のような用途で特性を生かして利用されている。
 
*冬期に冷房・暖房が混在する : オフィスビル・データーセンタ
*個別制御性が要求される : [[ホテル]]・寮
 
==関連項目==
*[[暖房空気調和設備]]
*[[熱源設備]]
*[[冷房]]・[[暖房]]
*[[クール・ビズ]]
{{Architecture-stub}}
 
[[Category:空気調和設備|みすねつけんひとほんふはつけいしほうしき]]