「大阪取引所」の版間の差分

編集の要約なし
市場第一部・市場第二部・新興企業向けの[[ヘラクレス (有価証券市場)|ヘラクレス]]・[[日経225先物]]市場などがある。
 
諸[[藩]]の[[蔵屋敷]]があった[[江戸時代]]の[[大阪|大坂]]の米穀取引所を起源に、[[五代友厚]]らが発起人となって設立された大阪株式取引所が前身である。なお、[[堂島米会所]]で行われた帳簿上の差金の授受によって決済を行う「帳合米取引」が、世界で最初の[[公設の商品先物取引]]と言われる。この伝統から、大証は指数先物・オプション市場において重要な地位にあると言える。具体的には、日経225先物等、大証の株価指数先物の日本における取引シェアは約60%を占め、同オプション取引においてはほぼ100%を占めている。株券オプションにおいても、約85%のシェアを誇っている。また'''デリバティブ取引の売買高ランキング(2008年)では大証は世界15位'''であり、26位の[[東京金融取引所]]や33位の[[東京証券取引所]]などを抜いて日本では最も上位にあった<ref>大証の08年デリバティブ、世界15位に[http://osaka.yomiuri.co.jp/eco_news/20090313ke04.htm]</ref>。しかし、世界的な金融危機の影響で、株式関連のデリバティブ取引が低迷したことを受け、2009年12月30日に公表された「平成21年売買状況(概算)」によると、2009年の取引金額は前年比37.5%減となり、金利・為替を主力とする国内の他取引所と比較して大きな影響を受けた<ref>大阪証券取引所;今第3四半期の純利益49億円、主力商品の取引金額下回り特損増加、減益に[http://news.livedoor.com/article/detail/4569846/]</ref>。
 
[[上場投資信託]](ETF)の上場にも意欲的で、日本で初めて株式以外の商品を対象にした金ETFを、2007年8月10日に上場し、同年10月23日には、[[上海証券取引所]]に上場している主要50銘柄の株価で算出する上証50指数に連動する海外[[株価指数]]連動型ETFを上場した。海外の株価指数に連動するETFの日本国内上場はこの例が最初となる。
大阪証券取引所自身が株式を[[ヘラクレス (有価証券市場)|ニッポン・ニュー・マーケット-ヘラクレス]]に[[上場]]している([[証券コード]]:8697)。
 
システム障害や災害等の対応策として、2008年3月31日に兵庫県中部にデリバティブ取引の売買システムのバックアップ施設を設置した。また、現物株の売買システムについては、ジャスダック取引所と提携し、どちらかのシステムが稼働不能になった場合、相手方のシステムで取引を執行させる体制を引いた<ref>日経新聞06年12月16日付記事[http://www.nikkei.co.jp/kansai/news/37241.html]、及び2007年5月17日付記事[http://www.nikkei.co.jp/kansai/news/39878.html]より。</ref>。
一方、[[ジャスダック取引所]]の大株主である[[日本証券業協会]]は、証券取引所の再編の一環として、経営体力の低下したジャスダック取引所を、売買システムのバックアップ体制で提携関係にある大証と経営統合させることを検討した
 
その後、大証はジャスダック取引所に対し、TOBを発表。2008年11月19日から12月17日までの間公開買い付けを行い、発行済み株式の76.1%を取得し、連結子会社とした<ref>日本経済新聞2008年11月18日付記事[http://www.nikkei.co.jp/news/main/20081118AT2C1801J18112008.html]より</ref><ref>日本経済新聞2008年12月18日付記事[http://www.nikkei.co.jp/news/main/20081218AT2C1800H18122008.html]より。</ref>。
今後は2010年4月1日付けで、「株式会社大阪証券取引所」を存続会社とし「株式会社ジャスダック証券取引所」を吸収合併する予定である<ref>{{PDFlink|[http://www.jasdaq.co.jp/data/houteikoukoku211216.pdf 吸収合併公告(平成21年12月16日付け)]}} ジャスダック取引所のリリース</ref>。
 
さらに、2010年10月にジャスダックとヘラクレスの両新興市場の統合も検討が予定されている<ref>{{PDFlink|[http://jpwww.reutersose.comor.jp/articlenews2/companyNewsnews15470/idJPnTK023317420090108091222.pdf 2010年10定例記者会見要旨[会見日:12までにジャスダック・ヘラクレス統合へ、持ち株会社化も=大証<8697.OJ>社長 -15日 Reuters]}}</ref>。
 
2009年7月21日には、国内の証券取引所としては初となる、[[外国為替証拠金取引]](FX)を扱う市場「'''大証FX'''」を開設している<ref>[http://www.ose.or.jp/profile/press/090616_14742.pdf 大証プレスリリース2009年6月16日付け]</ref>。これは、国内初の原則オークション方式による外国為替取引である(東京金融取引所の[[くりっく365]]は、店頭FXとほぼ同じマーケットメイカー方式)。
 
== 立会時間 ==
* 夕場 16:30~20:00 (株価指数先物・オプション取引のみ)
 
※かつては前場の株式取引時間東京証券取引所より10分早い午前8時50分から始まっていたが、その後午前9時00分に改められている。
 
== システム ==
現行の取引システムのプログラム改修や開発の現場は、住所:大阪府[[吹田市]]佐井寺4丁目1に位置する(1(大阪証券業協会が所有する大阪証券業協会総合運動場(証券グラウンド)の中内)位置す取引所電算センターの中で日夜行われている。マシンは、[[富士通]]製汎用機。基幹システムの開発言語は[[COBOL]]
マシンは、富士通製汎用機。
基幹システムの開発言語はCOBOL。
 
取引システムに2006年より[[AIX]]を使った[[日立製作所]]のオープンシステムが使われている。
今後、先物取引システムについては[[OMX|NASDAQ OMX]]のパッケージソフトを使ったシステム更改することが予定されている。
 
== 沿革 ==
[[画像:Osaka_Market.jpg|thumb|250px|大阪証券取引所(2004年12月に新装)正面の銅像は[[五代友厚]]]]
* [[1878年]]6月 - 大阪株式取引所設立が売買取引開始
* 1878年8月 - 売買取引開始。
* [[1935年]] - 市場館が竣工。(設計:[[長谷部竹腰建築事務所]])
* [[1943年]] - 日本証券取引所大阪支所となる。
* 2006年[[2月27日]] - 新売買システムが全面稼動。また、新相場システムも全面稼動。
* [[2007年]][[8月10日]] - 国内の取引所で初めて、金価格連動[[上場投資信託]](金ETF)を上場。
* 2007年[[9月18日]] - 株価指数先物・オプション取引でイブニング・セッション(夕場)を導入。
* 2007年[[10月23日]] - 国内の取引所で初めて、中国A株株価指数連動上場投資信託 (上証50指数ETF)を上場。
* 2007年[[12月4日]] - [[デリバティブ]]の売買高が国内で初めて年間1億枚を突破。
* [[2008年]][[5月12日]] - 国内の取引所で初めて、[[REIT]]8銘柄と[[上場投資信託|ETF]]2銘柄の[[オプション取引|オプション]]が上場
* 2008年[[10月14日]] - イブニング・セッション(夕場)の取引終了時刻を一時間延長し、20:00までに変更。
* 2009年[[7月21日]] - 国内の[[証券取引所]]では初めて、[[外国為替証拠金取引]](FX)市場である「大証FX」を開設。
 
== 上場会社の数 ==
匿名利用者