「ウァレリアヌス」の版間の差分

m (ロボットによる 追加: fy:Falerianus)
[[259年]]、ウァレリアヌスは軍勢を率いてペルシアへと侵攻したが、エデッサ(現:[[シャンルウルファ]])で[[シャープール1世]]率いるペルシア軍との戦いに敗れて、捕虜となった([[エデッサの戦い]])。その後、ウァレリアヌスは[[ビシャプール]]([[:en:Bishapur|en]])へ送られ、ペルシア国内で死去したと伝えられる([[260年]]ともそれ以降とも)。
 
ローマ皇帝が敵国に捕らえられたのはローマ史上初めて(この後にも11世紀の東ローマ皇帝[[ロマノス4世ディオゲネス]]しかいない)であった。先の[[アブリットゥスの戦い]]と共にローマの国力低下を物語る出来事となった。
 
なお、ウァレリアヌスが虜囚となった1年後の[[260年]]からガッリエヌスが単独皇帝となったが、[[19世紀]]の[[歴史家]][[エドワード・ギボン]]が'''30人僭帝時代'''と称する分裂の時代を迎えることとなった。
匿名利用者