「雲林院」の版間の差分

編集の要約なし
'''雲林院'''(うじい)は北伊勢の地名。中世には雲林院城があり、源頼朝の御家人工藤祐長が北伊勢一帯を地頭職として納めて以来、工藤氏の分家雲林院氏が居城としていた。
'''雲林院'''(うりんいん)
#[[京都]][[大徳寺]]の南にあった[[天台宗]]の大寺。本項目で解説。
#[[能]]の演目。三番目物の美男物。[[雲林院 (能)]]を参照。
----
 
'''雲林院'''(うりんいん)は、かつて[[京都]][[大徳寺]]の南(現在の[[京都市]][[北区 (京都市)|北区]]紫野)にあった[[天台宗]]の大寺。のちに、なまって「'''うじい'''」とも。
 
208

回編集