「心意六合拳」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
'''心意六合拳'''(しんいりくごうけん)は[[中国武術]]の一つで内家拳に分類できる。
 
十形拳(龍形拳、虎形拳、猴形拳、馬形拳、鶏形拳、鷂形拳、燕形拳、蛇形拳、鷹形拳、熊形拳)と呼ばれる動物を模した動作からなる。また、拳士はいずれかの門に属することとなっている。このことは、他の門とばったり出会ったときに、拳士としての立場を証明するためのものとされている。元々は[[イスラム教徒回族]]のみの秘伝とされてきたが、現在では、中国人にも門戸を開放している。心意拳、六合拳とも呼ばれているが、[[意拳]]は別の武術。
 
{{stub}}